農業用ドローン・ロボット市場、2026年に300億8千万米ドル規模到達見込み

農業用ドローン・ロボット市場

農業技術の進化は、1万年以上前に農民が簡単な手工具を使い始めたことに始まり、それが徐々に現在の機械装置に進化していきました。例えば、トラクターは農地外での作業において、馬やある程度の人間の労働力に取って代わりました。しかし、トラクターの導入には一定の制限があり、柔軟性に欠けるため、農業分野では他の自動化機器の導入が進んでいます。しかし、現在の農業界は、低技術の機械化からハイテク機械化へと移行しつつあります。ハイテク機械化では、ソフトウェアベースのAIを使用するため、センサーやその他の自動化融合を目指しています。この技術は、ドローンやロボットなどの技術を利用して、農業経営に効率性をもたらします。

市場の概要

世界の農業用ドローン・ロボット市場は、2021年から2026年の予測期間中に22.3%のCAGRで、2026年には300億8千万米ドルに達すると予想されています。市場成長の主な要因は、農業分野での自動化の進展と、同分野における手作業の不足です。

いくつかの国では、農業分野に自動化と持続可能性をもたらすことで、収益性を高め、農業アプリケーションの効率化を図るための取り組みが行われています。例えば、米国農務省の国立食糧農業研究所(NIFA)は、2021年4月に2,170万米ドルを投資し、農業生産者が気候変動による土地や生産への影響を管理できるよう、いくつかの重要なプログラムに取り組んでいます。この資金は、農業技術に革新をもたらすことを目的としており、国内の農業用ドローンやロボットの需要を誘発しています。

市場区分:タイプ別

搾乳ロボットは、酪農家に効率的な作業を提供するために酪農場で使用される自動搾乳システムです。これらのロボットは、給餌、搾乳、牛の寝床の掃除など、複数の作業に使用されます。これらのロボットは、少ない労働力で農場の収益性を高めようとするオランダなどの国で高い需要があります。

市場区分:アプリケーション別

酪農家の間で動物福祉への関心が高まっていることから、酪農場の自動化が世界的に非常に高まっています。酪農場に農業ロボットを導入することで、農家は牛の給餌パターンや行動を容易に把握することができ、病気の際には適切な治療を施すことができるようになります。

市場区分:地域別

農業用ドローン・ロボット市場は、欧州が最大の市場となっています。これは、同地域における技術進歩の高さと、同地域における手作業の不足によるものです。さらに、欧州連合(EU)が2021年6月に導入した「Robs4Crops」プロジェクトなど、同地域における農業用ロボットの導入を促進するためのいくつかの政府イニシアチブが存在します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]