自動農業機械市場、2026年に289億米ドル規模到達見込み

自動農業機械市場

精密農業は、最小限の資源を使用しながら確率を最大化することに主眼を置いています。GPSデバイスとコンピュータのサポートにより、農家は自動機械をより効率的に使用することができます。ここ数年、農業分野をスマートにするために、エンジニアは世界中で自動型機械の開発に取り組んでいます。

自動農業機械のアイデアは、1940年にフランク・W・アンドリューがドライバーレス・トラクターを発明したことに端を発します。1950年代には、フォード社が “The Sniffer “と呼ばれるドライバーレス・トラクターを開発しましたが、ドライバーレス・トラクターは生産されませんでした。1950年代以降、自動農業機械の市場に大きな進展はありませんでしたが、1994年にシルソー研究所のエンジニアが画像解析システムを開発し、野菜や根菜類用に設計された小型の無人トラクターのガイドに使用されました。このトラクターはヘッドランドターンに対応するように設計されていました。

市場の概要

自動農業機械の市場は、2021年~2026年の予測期間中にCAGR10%で推移し、2026年には289億米ドルに達すると予想されています。市場の高成長は、技術の著しい発展と、農業分野における人工知能の導入によってもたらされると予想されます。これとは別に、商業農場での自動機械の採用、従来の農業と比較した高い生産性と収益性などの要因も市場を牽引しています。このように、農業分野における自動機械の需要が高まっていることも、自動農業機械市場の高い成長につながっています。

市場区分:アプリケーション別

自動農業機械市場をアプリケーション別に見ると、収穫がリードしています。収穫作業は、主に熟した作物を畑から集めるために行われます。収穫作業には、積み上げ、ハンドリング、脱穀、刈り取り、洗浄、運搬などの作業が含まれます。これらの作業はハーベスターだけで行うこともできますが、複合ハーベスターを使って同時に行うこともできます。ジャガイモ、小麦、トウモロコシなどの畑作物は、トラクターやプランターなどの完全自動機械で簡単に収穫することができます。 そのため、自動農業機械の需要は、他の用途の中でも収穫用が最も高くなっています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19は、自動農業機械を含む世界の大半の産業のサプライチェーンに影響を与えました。COVID-19の蔓延を防ぐために政府が行ったロックダウンやその他の制限により、機械メーカーが必要な機械を提供できなかったため、世界の自動農業機械市場に大きな影響が出ました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]