眼科用薬物送達デバイス市場、2030年に5億3,780万米ドル規模到達見込み

市場の概要

眼科用薬物送達デバイス市場の範囲には、眼科での薬物送達に使用される様々な薬物送達デバイスが含まれます。検討されているデバイスには、プレフィルドシリンジ、マルチドーズ点眼器、薬剤溶出性コンタクトレンズ、技術的に可能なアドオンデバイス、ミストスプレー、スクイーズディスペンサー、そしてチューブや眼球挿入物などのその他のデバイスが含まれます。

市場の動向

成長を促進する要因としては、眼疾患の有病率の増加、新しい薬剤ディスペンサーの開発、眼科用薬物送達デバイスへのデジタルソリューションの統合、新興企業への定期的な資金提供サイクルなどが挙げられます。世界の眼科用薬物送達デバイス市場の抑制要因としては、先進的な眼科用薬物送達デバイスの高額な初期費用や、規制当局の承認プロセスの長期化などが挙げられます。さらに、市場には大きな成長の可能性を秘めた様々な機会があります。世界の眼科用薬物送達デバイス市場への地域企業の参入、企業と眼科医院とのパートナーシップ、眼科用医薬品の処方にナノテクノロジーを取り入れることなどが、世界の眼科用薬物送達デバイス市場における主要な機会分野です。

持続的な薬物送達、服薬アドヒアランスのためのコネクテッドデバイス、薬物送達のための小分子、液体スプレーなどの主要な技術トレンドは、世界の眼科用薬物送達デバイス市場に影響を与えると予想されます。

眼科用薬物送達デバイスの世界市場は、技術統合の初期段階にあります。2016年1月~2021年7月の世界市場では、限られた数の特許が出願されています。世界知的所有権機関(WIPO)によると、世界市場に関連して出願された特許はわずか148件で、最も多かったのは2017年(46件)でした。

眼科用薬物送達デバイスの世界市場では、B2C(顧客間取引)とB2B(企業間取引)という2つのビジネスモデルが運用されています。眼科医療機器メーカーは、国内および海外でのプレゼンスを高めるために、この2つのビジネスモデルを採用しています。さらに、アドオンデバイスの出現により、B2Cビジネスモデルの採用が増加すると予測されています。

眼科用薬物送達デバイスの世界市場は、2020年には2億9,540万米ドル規模に達しました。2030年には5億3,780万米ドル規模に達すると予測されています。また、2021年から2030年までの予測期間中、市場は6.17%のCAGRで成長すると予測されています。

COVID-19の市場への影響

短期的には、つまり2020年から2〜4年の間に、COVID-19は世界の眼科用薬物送達デバイス市場に中程度の影響を与えると考えられます。この時間枠では、アドオンデバイスの需要は高いと予想されます。

2020年から5~10年後には、選択的手術の再開とサプライチェーンの正常化が市場回復の重要な要因となるでしょう。最後に、長期的には、すなわち2020年から8~12年後には、サプライチェーンの回復と先進的な眼科用薬物送達デバイスの参入が予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]