低侵襲手術システム市場、2031年に557億1,670万米ドル規模到達見込み

市場の概要

米国国立がん研究所によると、低侵襲手術とは、「小さな切開(カット)と少ない縫合を用いて行われる手術」と定義されています。低侵襲手術では、体内に1つまたは複数の小さな切り口を設けることがあります。腹腔鏡(ライトとレンズが付いた細いチューブ状の器具)を1つの開口部から挿入し、手術を誘導します。他の開口部から小さな手術器具を挿入して手術を行います。低侵襲手術は、従来の手術に比べて、痛みや傷跡、健康な組織へのダメージが少なく、患者の回復も早いことがあります。

米国食品医薬品局(FDA)は次のように説明しています。「さまざまなタイプのコンピュータ支援手術システムが、術前計画、手術ナビゲーション、および外科手術の支援に使用できます。ロボット支援手術(RAS)機器は、コンピュータ支援手術システムの一種です。ロボット手術と呼ばれることもあるRAS機器は、外科医がコンピュータとソフトウェアの技術を用いて、患者の体にある1つまたは複数の小さな切開部から手術器具を制御・移動させ、さまざまな外科手術を行うことを可能にします。」

低侵襲手術システム市場は、2020年に278億8,280万米ドルと推定され、2021年から2031年の間に6.3%のCAGRで成長し、2031年には557億1,670万米ドルに達すると予想されています。

市場の成長要因

現在、低侵襲手術システム市場の成長を促進している要因は、慢性疾患の発生率の上昇、世界的な高齢者人口の増加、開腹手術に対するMISの優位性、医療費の増加、手術方法と技術の進歩などです。

市場の課題

市場の成長を阻害している課題には、手術用ロボットシステムの高コスト、熟練した専門家の不足、償還条件の制限などがあります。

外科用ロボットシステムの高額なコストは、エンドユーザーが購入して患者の治療を行う上で最も困難な要因の一つとなっています。多くの患者は、為替レートのメリットを得るために、手術のための海外旅行を好むことが明らかになっています。また、熟練した専門家が不足しているため、ロボット手術の費用がやや増加しています。また、償還条件が厳しいことも、低侵襲手術システム市場の成長に影響を与える要因となっています。

市場機会

市場の成長を促進する可能性のある機会としては、低価格の外科用ロボットシステムの開発、専門家のトレーニングのための手術シミュレータの開発、内視鏡ポートフォリオの多様化のためのM&Aへの参加などが挙げられます。

現在の放射線治療システムの価格は約200万米ドルであるため、多くの企業が費用対効果の高いシステムの開発に取り組んでおり、さらに低価格の手術用ロボットプラットフォームの開発にも取り組んでいます。また、時間の経過とともに、技術的に進歩した製品が研究され、アップグレードされた製品を手に入れようとしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]