農業用ハイパースペクトルイメージング市場、2026年に5,688万米ドル規模到達見込み

農業用ハイパースペクトルイメージング市場

ハイパースペクトルイメージングは、UAV(無人航空機)ソリューションを介して、鉱物学、農業、天文学、監視などの幅広い産業に応用されています。2000年代に入ってからは、農業分野への応用についても研究が進められています。ハイパースペクトルイメージング処理用のカメラやアクセサリを使用することで、ハイパースペクトルイメージングによって作物のさまざまな問題に対処することができます。世界中の生産者が農業におけるハイパースペクトルイメージングを受け入れ始めたのは、この技術がもたらす利点についての認識が高まったためです。

市場の概要

農業用ハイパースペクトルイメージング市場は、2021年~2026年の予測期間中に11.93%のCAGRで推移し、2026年には5,688万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長率は、世界中で精密農業が重視されているためです。世界的な食糧需要の増加に伴い、生産者は生産量を最大化するために、より良い栽培方法を採用する必要があります。この技術は、農作物のストレス検出、病原体の検出、モニタリングなど、農業分野に幅広いソリューションを提供します。ハイパースペクトルイメージングは、技術の進歩と採用率の向上により、精密農業市場を世界的に牽引していくでしょう。

市場の区分:製品別

製品セグメントにおける農業用ハイパースペクトルイメージング市場は、ハイパースペクトルイメージングカメラが中心となっています。これらのカメラは、ハイパースペクトルイメージングを撮影するために必要な主要機器であり、カメラで収集したデータは後に処理されます。ハイパースペクトルカメラでは、レンズを通して光を取り込み、プリズムや回折格子などの分散素子によって異なるスペクトルの長さに分割します。

市場の区分:アプリケーション別

農業用ハイパースペクトルイメージング市場のアプリケーションセグメントでは、ストレス検知が主流となっています。ハイパースペクトルイメージングは、主に作物の健康状態をモニタリングし、より良い収穫量を維持することに重点を置いています。そのため、植物のストレス検知が市場のアプリケーションセグメントをリードしています。

COVID-19の市場への影響

COVID-19のパンデミックにより、農業用ハイパースペクトルイメージングを含む世界中の大半の産業のサプライチェーンが影響を受けました。COVID-19の蔓延を防ぐための政府の対策により、機器メーカーが農業分野に配備する機器を提供できなかったため、農業用ハイパースペクトルイメージングの世界市場にも大きな影響が見られました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]