ハイブリッド衛星セルラー端末市場、2031年に6億9,640万米ドル規模到達見込み

ハイブリッド衛星セルラー端末市場

2003年から2018年にかけて、SES S.A.、欧州宇宙機関(ESA)、米国航空宇宙局(NASA)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など、多くの政府や民間団体が、さまざまなプラットフォーム向けにハイブリッド衛星セルラー端末の実証実験を開始しました。それ以来、技術は絶え間なく進化し、ユニークな製品やシステムを開発することで、宇宙産業全体に変革をもたらしています。

ハイブリッド衛星セルラー端末市場の概要

ハイブリッド衛星セルラー端末の世界市場は、2021年から2031年の予測期間中に22.81%のCAGRで推移し、2031年には6億9,640万米ドルに達すると予想されています。遠隔地における高速で安全な無線通信へのニーズの高まりが、予測期間中のハイブリッド衛星セルラー端末市場を強化すると考えられます。

さらに、スマートフォンやタブレット端末の増加に伴い、インターネットに接続される機器の数が年々増加しています。このようなIoT(モノのインターネット)サービスの利用の驚異的な成長は、今後数年間にわたって市場のプレーヤーに新たな成長の道を提供すると予想されます。

市場区分

ハイブリッド衛星セルラー端末市場:エンドユーザー別

ハイブリッド衛星セルラー端末市場は、石油・ガス、鉱業、メディア・エンターテインメント、防衛・政府、航空、企業、海軍、自動車、物流・輸送などのエンドユーザーに基づいてセグメント化されています。政府・防衛のエンドユーザーセグメントは、緊急対応者やさまざまな装甲車への高速通信の必要性が高まっていることから、世界のハイブリッド衛星セルラー端末市場の大半を占めると推定されています。

ハイブリッド衛星セルラー端末市場:プラットフォーム別

ハイブリッド衛星セルラー端末市場は、プラットフォーム(陸上、海上、航空)、周波数帯(Sバンド、Kaバンド、Kuバンド端末)に基づいて分類されています。世界のハイブリッド衛星セルラー端末市場の成長に貢献しているのは、陸上が最も顕著です。これは、石油・ガス、鉱業、防衛・政府、自動車、物流・輸送などのエンドユーザー向けのハイブリッド衛星セルラー端末の数が増加しているためです。

ハイブリッド衛星セルラー端末市場:地域別

ハイブリッド衛星セルラー端末市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他の各地域に分類されています。北米では、多くの企業が拠点を置いていることや、NASA(米国航空宇宙局)、Space X、Kymeta Corporationなどの政府機関や民間企業によるハイブリッド衛星セルラー端末への支出が増加していることから、世界のハイブリッド衛星セルラー端末市場で最も高いシェアを占めると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]