農業用AR市場、2026年までに443万米ドル規模到達見込み

農業用AR (拡張現実)市場

人口の増加と食糧需要の増加に伴い、1940年代から1980年代にかけて「緑の革命」と呼ばれる様々な農作業の機械化が進み、農業全体の変革に貢献しました。この革命は、農薬、ハイブリッド作物、機械、その他様々な先進的な農業ツールや飼料の導入に影響を与えました。緑の革命は、農業の効率を高め、無駄な作業を減らし、食料安全保障の向上に貢献しました。

現状では、AR技術の農業への導入は初期の段階であり、農業用に適切に開発されるまでには至っていない状況です。しかし、AR技術の多くは自動車や航空機などの製造業に展開されています。農業のような基礎産業では、デジタル技術を導入している農場は世界的に見ても非常に少なく、完全にデジタル化されるにはまだ程遠い状況です。

農業用AR市場の概要

農業用AR市場は、2021年から2026年の予測期間中に37.4%のCAGRで成長し、2026年までに443万米ドルに達すると予想されています。市場の高成長は、精密農業やスマートな農法への需要の高まりにより、ARとともに他のデジタル技術への需要がさらに高まることが予想されます。

市場のセグメンテーション

農業用AR市場:アプリケーション別

農業用AR市場をアプリケーション別に見ると、主に垂直農法、水耕栽培、アクアポニックス、大麻栽培などの屋内アプリケーションが牽引しています。世界中で人口が急激に増加しているため、食料の総供給量を増やす必要があります。そうしないと、食料不足が深刻な社会的・政治的問題につながる可能性があります。屋内農業には、垂直農法、アクアポニックス、水耕栽培、テラス農法など、さまざまな手法があります。これらの農業技術は、商業的な農業技術に比べて様々な利点があります。これらの技術の最大の利点は、従来の農業では不足していた多様な製品を1年通して栽培できることです。

農業用AR市場:ソリューション別

農業用ARのソリューション別市場は、ソフトウェアセグメントが圧倒的に多く、次いでハードウェアセグメントとなっています。ARプラットフォームを導入するには、拡張現実ソフトウェアが最も一般的です。主に、ハンドヘルドやモバイルのARアプリケーションやウェブのARアプリケーションが市場を牽引しています。ハンドヘルドおよびモバイルデバイスのアプリケーションは、展開が非常に簡単で、莫大な資本投資を必要としないため、非常によく使われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]