先進的経皮薬物送達デバイス市場、2030年末に87億8,300万米ドル規模到達見込み

市場の概要

皮膚から薬物を投与する薬物送達デバイスの使用は、新しいコンセプトではなく、何十年も前から針とシリンジの組み合わせで行われてきました。進化した経皮薬物送達デバイスは、薬物送達のコンセプトをベースに、痛みの軽減、服薬アドヒアランスの向上、消費者の参加、ユーザーフレンドリーなデザイン、投与のしやすさなどの機能を加えたものです。これらのデバイスには、注射器、パッチ、エアレスディスペンサーやボトル、ダーマポンプ、バルブ、安全性や接続性を高めるためのアドオンデバイスなどがあります。

現在、市場では、世界的に人々から嫌われている針とシリンジの組み合わせ製品が大部分を占めています。先進的な薬物送達デバイスのほとんどは、前述した機能のうち少なくとも一つを備えて、そのシェアの一部を獲得することを目指しています。市場の成長を促進する主な要因としては、コネクテッドデバイスの推進、薬物送達デバイスメーカーと製薬会社との間のビジネスシナジーの増加による新しい組み合わせ製品の市場投入、処方/投薬/患者のアドヒアランスへの関心の高まり、マイクロニードルパッチなどの薬物送達における革新的な技術などが挙げられます。コネクテッドデバイスの需要のギャップを埋めるための重要な取り組みは、新興国でそのような製品に対する認知度を高めることです。

世界の先進的経皮薬物送達デバイス市場は、2020年の市場規模が33億4,890万米ドルで、2030年末には87億8,300万米ドルに達すると予測されています。また、2021年から2030年までの予測期間中、同市場は10.52%のCAGRで成長すると予測されています。

市場の成長要因

現在、世界の先進的経皮薬物送達デバイス市場の成長を促進している要因としては、世界的なコネクテッドデバイスの推進、製薬会社とのビジネスシナジーの増加、薬物送達における新技術、処方遵守への関心の高まりなどが挙げられています。

テクノロジーの進化に伴い、センサーやコネクティビティはドラッグデリバリーに不可欠な要素となっています。コネクテッドデバイスは、カスタマイズされた疾病管理のためにますます使用されるようになると予想されます。主にCOVID-19パンデミックの中で、コネクテッドデバイスや患者モニタリングの導入が全体的に増加していることを背景に、コネクテッドデバイスの市場受容性が高まっています。今後、薬物送達デバイスは、アドヒアランスを促進する機能を備えていることが予想されます。テクノロジーの進化に伴い、市場の主要プレイヤーは、アプリによる接続機能を自社製品に統合することが予想されます。患者の利便性を重視する傾向が強まっていることが、薬物送達の場合、こうした技術の進歩を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]