衛星指揮管制システム市場、2031年に321億5千万米ドル規模到達見込み

衛星指揮管制システム市場

宇宙産業の変革は、主に打ち上げ技術と衛星製造技術の革新によって推進されています。例えば、打ち上げ質量2万kgの衛星を開発していたのが、60年の間に4kg以下にまで進化しました。新宇宙産業の出現は、急速な技術革新、コストの低下、乗り換えの機会を提供するだけでなく、COTS(Commercial-Off-the-Shelf)部品や漸進的な開発をも提供します。

世界の衛星指揮管制システム市場で事業を展開する企業は、研究開発イニシアチブに積極的に取り組んでおり、将来の宇宙システムを強化することが期待される革新的な新技術の開発に投資しています。また、宇宙産業界では大きな成果を上げており、衛星メーカーは、重量のある大型衛星の打ち上げから、手頃なコストの小型衛星へと重点を移しています。また、衛星や部品の小型化の進展により、製造コストが下がり、小型衛星の価格が上昇しています。

市場概要

世界の宇宙経済は、通信、ナビゲーション、地球観測など、さまざまな用途での衛星を使った接続サービスの必要性が高まっていることから、急速に成長しています。衛星工業会(SIA)によると、2020年時点での世界の宇宙経済規模は3,710億米ドルで、衛星の製造、打ち上げ、関連サービス、地上設備などで構成されています。また、宇宙産業は継続的な技術進歩を遂げており、スマート衛星、人工知能(AI)ベースの技術、量子衛星などの技術が、衛星だけでなく地上部門を含めた宇宙産業を後押ししています。

世界の衛星指揮管制システム市場は、2021年から2031年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)4.32%で推移し、2031年には321億5千万米ドルに達すると予測されています。市場が堅調に推移している主な要因は、打ち上げられる衛星の数が増加しているため、その監視と保守が必要になっていることです。

市場区分:アプリケーション別

世界の衛星指揮管制システム市場は、アプリケーションに基づいて、衛星姿勢制御、衛星監視・追跡、衛星テレメトリ、地上機器監視・制御などに分けられます。衛星から受信した重要なデータを処理する必要があることから、衛星テレメトリアプリケーションセグメントが世界の衛星指揮管制システム市場の大半を占めると予想されます。

市場区分:エンドユーザー別

世界の衛星指揮管制・システム市場は、商業、軍事、政府などのエンドユーザーに基づいて分類されています。世界の衛星指揮管制システム市場では、商業エンドユーザーのセグメントが圧倒的なシェアを占めると予想されています。この成長の要因は、政府機関が商業エンドユーザーとの間で、衛星の監視や宇宙資産の管理を目的としたパートナーシップや契約を締結するケースが増えていることにあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]