軍事用合成・デジタルトレーニングソリューション市場、2026年に173億8,580万米ドル規模到達見込み

軍事用合成・デジタルトレーニングソリューション市場

メーカーは、軍事用合成・デジタルトレーニングソリューションに組み込まれたハードウェアとソフトウェアが、それぞれの適用範囲内で適切にマッチしていることを確認しています。ユーザー(軍人)に最高のシミュレーション環境を提供するために、この分野の企業は研究開発への投資を増やしています。市場における主な技術開発には、クロスドメインシミュレーションや超高忠実度の没入型体験などがあります。この市場は、ソフトウェアとハードウェアの統合や、オープンネットワーク上での運用など、技術的および非技術的な課題を抱えています。しかし、これらの課題は時間の経過とともに解消されていくことが期待されています。

市場の概要

世界の軍事用合成・デジタルトレーニングソリューション市場は、包括的なクロスドメイントレーニング環境を提供する高品質で高忠実度のシミュレーターに対する需要の高まりにより、過去数年間で急速に成長しています。市場の主要企業は、様々なアプリケーションにおける運用地域を拡大するために、中小企業や新興企業を買収しています。

世界の軍事用合成・デジタルトレーニングソリューション市場は、2021年から2026年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)9.45%で推移し、2026年には173億8,580万米ドルに達すると予測されています。各社が莫大な収益を上げている主な要因は、軍事シミュレーション用途での信頼性の高い技術の必要性が高まっていることと、クロスドメインシミュレーションの需要が増加していることです。

COVID-19の市場への影響

COVID-19のパンデミックは、軍事用合成・デジタルトレーニングソリューション市場の成長を加速させています。また、COVID-19感染者の増加に伴う国家間の地政学的紛争の増加や、世界的な武器・弾薬の高騰により、複数の国で戦闘準備の整った軍隊の需要が発生しています。このような状況は、市場にビジネスチャンスをもたらしています。しかし、COVID-19の影響で、後方支援や新しいシミュレーション技術の獲得に向けた資金配分が制限されていることも、いくつかのビジネスチャンスを奪っています。いくつかの企業がビジネスの損失を報告し、研究開発への資金を制限しており、長期的には市場に影響を与える可能性があります。しかし、COVID-19が徐々に減少することで、より安定したエコシステムが形成され、世界の軍事用合成・デジタルトレーニングソリューション市場に新たなビジネスチャンスがもたらされると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]