ミッションクリティカル相互接続ソリューション市場、2026年に434億2,400万米ドル規模到達見込み

ミッションクリティカル相互接続ソリューション

世界のミッションクリティカル相互接続ソリューション市場は、劣悪な環境下で堅牢なソリューションを提供する高品質で信頼性の高い製品に対する需要の高まりを背景に、ここ数年で急速に成長しています。主要な企業は、さまざまなアプリケーションでの運用地域を拡大するために、中小企業や新興企業を買収しています。

市場の概要

ミッションクリティカル相互接続ソリューションの世界市場は、2021年から2026年の予測期間中、年平均成長率(CAGR)16.19%で推移し、2026年には434億2,400万米ドルに達すると予測されています。各社が莫大な収益を上げている主な要因は、ミッションクリティカルなアプリケーションに対する信頼性の高い技術へのニーズの高まりと、過酷な環境下でも耐久性を発揮する相互接続ソリューションへの依存度です。

COVID-19が市場に与える影響

COVID-19の大流行により、企業が革新的なソリューションを開発するための研究開発費を削減したため、市場の成長が制限されました。COVID-19の最初の流行時に最も影響を受けたのは米国と欧州の主要企業であり、従業員の安全を確保するために厳しいロックダウンを実施しなければなりませんでした。これにより、労働力や原材料が不足し、インターコネクト製品の製造にも影響が出ています。パンデミックの影響で収益が大幅に減少し、コスト削減のために倉庫の一部を閉鎖しなければならない企業もいくつかありました。しかし、ワクチン接種が実施されていることから、市場は徐々に拡大していくものと思われます。

市場区分:アプリケーション別

産業用アプリケーションには、オートメーション、自動車、重機、鉄道、その他といったさまざまなサブセグメントが含まれ、ミッションクリティカルなアプリケーションの円滑な運用のために相互接続ソリューションを使用する各国の普及率の高さから、世界のミッションクリティカル相互接続ソリューション市場の大半を占めると推定されています。

市場区分:コンポーネント別

世界のミッションクリティカル相互接続ソリューション市場では、主に宇宙、軍事、医療、産業、商業航空などの業界で使用されている幅広い製品を提供しているコネクタコンポーネントが先行すると予想されています。

市場区分:地域別

世界のミッションクリティカル相互接続ソリューション市場では、北米に拠点を置く企業が多いことから、北米が最も高いシェアを占めると予想されます。北米に拠点を置く企業は、中南米、ヨーロッパ、中東、アフリカに拠点を置く国際的な顧客に供給することが多いです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]