自動車産業向けポリプロピレン(PP)コンパウンド市場、2031年に173億2,480万米ドル規模到達見込み

市場の概要

自動車産業向けPPコンパウンド市場は、2021年~2031年の予測期間中に5.6%のCAGRで推移し、2031年には173億2,480万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、主に自動車の軽量化の必要性と、自動車部品に使用できる安価な製品への需要によってもたらされると予想されます。

COVID-19の市場への影響

COVID-19のパンデミックにより、PPコンパウンド市場は他の多くの産業と同様に深刻な影響を受けました。2020年の自動車生産台数は、COVID-19の影響により、約16%減少しました。ウイルスの蔓延を抑制するために、世界の大半の国が外出禁止令を出したため、多くの製造工場が閉鎖されました。自動車の生産台数が減少したため、PPコンパウンドの需要は2020年に向けてマイナスの影響を受けました。

市場区分:用途別

自動車にPPコンパウンドを使用することは、燃費を向上させるために有益です。PPコンパウンドは、自動車製造において費用対効果の高い様々な自動車部品に使用され、メーカーの利益率を向上させます。PPコンパウンドは、照明器具、パネル、バンパー、金具、ドアハンドル、内装、燃料システムなどに使用されています。PPコンパウンドを使用することで、自動車に性能と安全性を与えることができます。

市場区分:製品別

熱可塑性ポリオレフィン(TPO)は、高い衝撃強度を必要とする用途に使用されます。TPOは、ポリプロピレンにゴム・エラストマーを加硫せずに配合したものです。ポリプロピレンに加硫したゴム・エラストマーを加えたものを熱可塑性バルカナイズド(TPV)といいます。弾性に富み、カバーリングやチューブなどに使用されます。TPOやTPVは、自動車のインストルメントパネルやセンターコンソール、インテリアトリムなどの内装部品に広く使われています。

市場区分:地域別

APACはPPコンパウンドの最大の消費国であり、主に中国、インド、日本、韓国の存在が影響しています。これらの国々は世界最大の自動車メーカーであり、この地域は世界で生産される自動車の50%以上を占めています。

主要な市場プレーヤーと競合の状況

自動車産業向けPPコンパウンドの世界市場における主要な企業としては、LyondellBasell Industries Holdings B.V.、三井化学株式会社、Kingfa Technology、Borealis AG, Washington Penn Plastic Co. Ltd.、住友化学株式会社、日本ポリプロピレン株式会社、サウジアラビア基礎産業公社(SABIC)、Avient Corporation、Hexpol AB(RheTech)、Ravago、Hyundai Engineering Plastics、APPL Industries Limited、Rialti S.p.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]