リキッドハンドリングシステム市場、2021年から2031年にかけてCAGR 7.43%で成長見込み

市場の概要

慢性疾患や感染症の発生と蔓延により、新規治療薬の需要が高まっています。世界では、人口の約8%が希少疾病に罹患していると言われています。また、COVID-19パンデミックは、バイオ医薬品製造市場全体に大きな影響を与えました。さまざまな地域のメーカーや地方自治体は、既存および新規の医薬品やワクチンの製造に対する高い需要に対応するため、新しいアプローチを求める傾向が強まっています。このような需要と供給のギャップを埋めるために、多くのバイオ医薬品企業、研究機関、CRO、CDMOは、高精度と低納期を実現するために研究室に自動化を導入しました。その結果、リキッドハンドリングシステムの市場が拡大しました。

臨床試験数の増加、医薬品パイプラインの増加、ラボオートメーションに対する意識の高まり、リキッドハンドリングやサンプル調製における高精度の要求、研究数の増加、創薬・診断ラボにおける自動リキッドハンドリングシステムの採用などが、リキッドハンドリングシステム市場の成長を促進する主な要因です。

世界のリキッドハンドリングシステム市場の製品セグメントは、システム、消耗品、ソフトウェアで構成されています。世界のリキッドハンドリングシステム市場では、システム分野が大きなシェアを占めています。これは、バイオ医薬品業界において、自動化されたリキッドハンドリングシステムや電子ピペットの需要が高いことに起因しています。世界のリキッドハンドリングシステム市場では、複数の企業が覇権を握ろうと躍起になっていますが、市場での地位を確立するために重要な活動を行っている新興企業もいくつかあります。これらの企業は現在、市場のリーダーには遠く及ばないものの、それぞれの製品ポートフォリオや地理的な範囲を拡大するために行われた取り組みのおかげで、主要なプレーヤーに成長するために大きな前進を遂げた企業もあります。

リキッドハンドリングシステム市場は現在、最も急速に発展している市場の一つであると考えられています。リキッドハンドリングシステムの世界市場は、2021年から2031年の予測期間において、CAGR 7.43%で成長すると予測されています。リキッドハンドリングシステムは、ピペットやマイクロピペット、ディスポーザブルチップ、マイクロプレート、ディスペンサー、ハンドラー、スタッカー、ウォッシャー、そして多種多様な自動ロボットシステムなど、複数の機器やデバイスのエコシステムで構成されています。自動リキッドハンドリングシステムは、ELISA、PCRセットアップ、核酸調製、次世代シーケンサー、液液抽出など様々な技術に使用することができます。創薬、材料科学、科学捜査、臨床研究、分子生物学、医薬品開発などの分野で広く利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]