ゲルドキュメンテーションシステム市場、2021年から2030年まで4.04%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ゲルドキュメンテーションシステムは、標識されたタンパク質サンプルや核酸サンプルを画像化するために使用されます。また、ゲルドキュメンテーションシステムは、スループットやサンプルの種類に応じて様々な構成で処理されます。ゲルドキュメンテーションシステムは、セルロース、アガロース、アクリルアミドなどの様々な種類の媒体で、標識された核酸やタンパク質を測定します。これらのシステムには、サンプルの種類に応じて様々な構成があります。

ゲルドキュメンテーションシステム市場は安定した市場の一つであり、2021年から2030年の予測期間中、市場は4.04%のCAGRで成長すると予測されています。

市場の成長を促進する要因としては、遺伝性疾患の有病率の上昇、ゲノミクス分野の研究資金の増加、人口ゲノミクスの取り組みの増加などが挙げられます。しかし、今後の市場拡大のためには、いくつかの重要な問題に対処する必要があります。潜在性の高い市場では、複雑性の高いゲノム検査センターが不足していること、ゲノムデータの保存に関する課題、高度な診断能力に関する知識の普及不足などが、市場の成長を妨げています。さらに、新興国におけるゲノムデータ解析ソフトウェアの導入余地の大きさなど、いくつかの機会が市場の成長をもたらしています。

主要な市場区分

ゲルドキュメンテーションシステム市場は、製品、光源、検出技術、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

地域別では、北米が最大のシェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの整備、国民一人当たりの所得の増加、償還政策の改善などによるものです。しかし、アジア太平洋地域とヨーロッパ地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想されています。

市場の競争状況

世界的に遺伝子疾患が急増していることから、企業の間ではゲルドキュメンテーションシステムなどの先進技術への投資が盛んに行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]