心電計(ECG)市場、2031年末に98億2,680万米ドル規模到達見込み

心電計の市場概要

心電計(ECG)は、心臓の電気的活動を記録する装置です。心電計は、心臓が血液を体中に送り出すための電気信号を検出します。心電計には、製品の種類によって、従来型機器と新型機器があります。従来型機器は、安静時心電計と負荷時心電計に分類されます。 現在、心電計の主流は従来型機器です。ECGモニタリングシステムは、過去数十年にわたってヘルスケアビジネスで作成され、広く使用されてきましたが、スマートサポート技術の出現に伴い、大幅に進化しました。心電図モニターは、現在、病院、在宅医療、外来、遠隔地などで使用されています。従来型の機器では、安静時心電計、ストレス心電計などがあり、新型機器では、植込み型ループレコーダー、モバイル心臓テレメトリー、ホルターモニター、心臓イベントモニターなどが含まれます。

世界の心電計市場は、2020年には43億9,410万米ドルとなり、2031年末には98億2,680万米ドルに達すると予測されています。また、2021年から2031年の予測期間中、同市場は7.8%のCAGRで成長すると予想されています。

世界の心電計市場のダイナミクス

世界の心電計市場では、すでに進歩が見られ、現在、業界を制覇しつつあります。外来や在宅医療の現場で簡単に使用できる高度な技術の出現により、これらの発展途上の新技術は市場全体の成長を促進する可能性を大いに秘めています。

進行中の病気には、心血管疾患、虚血性心疾患、脳卒中、高血圧性心疾患、先天性心疾患、リウマチ性心疾患、心筋症、心筋炎、大動脈瘤などがあります。多くの病気は、早期発見・早期治療により、大部分が回避・治療可能であり、管理も可能です。また、慢性疾患は世界の障害や死亡の主な原因となっています。心血管疾患とその関連疾患の罹患率は、市場の成長を促進しています。POC機器は、心疾患、血管疾患、その他の疾患の疑いを迅速に除外するのに役立つため、ポイントオブケア(POC)市場は急激に成長しています。また、エンドユーザーが侵襲的な診断技術よりも非侵襲的な診断技術を好む傾向にあることも、市場を牽引しています。

正確さ、精密さ、適時性、信頼性は、優れた検査サービスの4つの基礎となります。臨床生化学者は、サンプル処理における分析の難しさを改善するために、一般的に適時性の必要性を見落としています。一方、臨床医は通常、検査室のパフォーマンスのベンチマークとして適時性を使用し、それはターンアラウンドタイム(TAT)として表されます。TATが短ければ、臨床医は患者をできるだけ早く診断・治療し、病院の入院患者を退院させることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]