産業用微生物学的品質管理市場、2021年から2031年までCAGR5.69%で成長、2031年に231億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

産業用微生物学的品質管理市場は、最も着実に進化しているダイナミックな市場の一つであると考えられており、2021年から2031年の予測期間において、同市場は5.69%のCAGRで成長し、2031年には231億1千万米ドルに達すると予測されています。この市場は、技術開発を加速させるための複数の業界イニシアチブ、微生物学的品質管理プロセスに対する需要の増加、連邦政府機関が業界の成長を積極的に支援していることなど、特定の要因によって牽引されています。

微生物検査は世界中に普及していますが、各地域での検査方法は大きく異なります。自動化により、時間とコストが大幅に削減され、ヒューマンエラーの可能性も低減されます。また、常に信頼できる正確な結果を提供することができます。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンサー(NGS)、MALDI-TOF質量分析計、フローサイトメトリー、生物発光技術、酵素結合蛍光分析法(ELFA)などの技術をベースにした自動化・半自動化システムが市販されています。これらの技術の多くは、従来の実験技術と比較して効率化を図ることを目的としているため、時間とコストの両方を節約できる可能性が大きいです。そのため、これらの技術は、製品回収の可能性を回避するために、産業界の製造プロセスにおける病原体やその他の微生物の検出および同定に採用されています。

微生物学的品質管理の失敗による経済的負担が着実に増加し続けていることから、すべての主要産業では、社内での品質管理テストから外注による品質管理テストへの移行が徐々に見られるようになっています。これらのアウトソーシング企業は、製造業に貢献する先進的な技術を導入し、品質管理テストの失敗という大きな問題に対処することを主な事業としており、地域ごとに成長しています。

主要な市場区分

産業用微生物学的品質管理市場は、サービス、技術、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

地域別に見ると、産業用微生物学的品質管理の製品市場では北米が最大のシェアを占め、検査サービス市場では欧州がリードしています。消費者産業では厳格なガイドラインが適用されており、特に製薬・バイオテクノロジー産業では生物製剤やワクチンの需要が増加しているため、個々の製品に対して複数のバリデーション試験が実施されていることや、多数のサービスプロバイダーが存在することなどの要因が、北米と欧州の市場を累積的に牽引しています。また、2021年~2031年の予測期間中、製品と検査サービスの両市場において、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]