プラスチック市場、2025年に7,586億米ドル到達見込み

市場概要

世界のプラスチック市場は、主にボトル、フィルム、容器などのパッケージ製品におけるプラスチックの需要が増加していることに起因しています。また、世界各地で政府の法律や規制が実施されているため、プラスチックの生産が制限されています。さらに、ドイツ、米国、カナダなどの国では、使い捨てプラスチックの使用を禁止する法律が施行されており、世界的にプラスチックの需要が減少しています。プラスチック業界では、バイオベースのプラスチックやリサイクルプラスチックなど、先進的で革新的な技術や製品がますます重要視されており、メーカーにとっては収益源や製品ポートフォリオを拡大するためのいくつかの機会が生まれています。

プラスチック市場は、2019年には6,219億米ドルを占め、2025年には7,586億米ドルに達すると予想されています。2020-2025年の予測期間中、同市場は3.37%のCAGRで成長すると予想されています。この市場成長の主な要因は、プラスチックの用途が増加していること、バイオプラスチックや再生プラスチックの採用率や認知度が高まっていること、バイオベースのプラスチック製品やソリューションの研究開発に多額の投資が行われていることです。さらに、各国政府はバイオプラスチックの開発と使用を透明性のある形で奨励する政策や法律を打ち出しており、これが予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。

COVID-19は、原材料の輸入、輸送、そして円滑な需給の維持という点で、プラスチック業界に大きな打撃を与えています。十分な量の原料が入手できないため、中規模メーカーや中小規模のエンドユーザーにとっては供給の不均衡が生じています。さらに、COVID-19の影響で石油・ガスセクターに生じた価格の不均衡により、石油系プラスチックの価格が乱高下しました。

競合他社の状況

プラスチック市場では、継続的な製品の拡大(発売や機能強化)がビジネス戦略の一つとして行われています。BASF SE、Lanxess AG、LyondellBasell Industries N.V.、INEOSなどの企業が、製品の発売や機能強化に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]