環境配慮型ビチューメン市場、高速道路建設増加が2025年まで需要押し上げ要因に

市場概要

環境配慮型ビチューメンは、持続可能な建築物に対する消費者の関心の高まりを背景に、今後も増加傾向にあると予測される新興市場です。 環境配慮型ビチューメンには、バイオベースビチューメン、リサイクルビチューメン、天然ビチューメンなど、さまざまな種類があります。リサイクルビチューメンは、道路舗装のリサイクルとそれに伴う環境上のメリットに対する意識の高まりから、環境配慮型ビチューメン市場で最も高い需要を記録しています。

環境配慮型ビチューメン市場の主な成長要因は、世界各地での高速道路や道路の建設活動の活発化です。いくつかの国では、自動車販売台数の増加、人口の増加、都市化の進展により、交通インフラの整備が急速に進んでいます。インドでは、2016年から19年の間に高速道路の建設が年率21.4%で増加し、10,855kmの高速道路が建設されました(IBEF、2020年11月のレポートによる)。環境配慮型ビチューメンの主な用途は建設であり、高速道路の建設が増加していることが、2025年まで製品需要を押し上げる主な要因になると予測されます。

COVID 19の発生により、2020年には様々な国で建設活動が減少し、同年の環境配慮型ビチューメンの需要に悪影響を与えています。このような建設業界の大幅な落ち込みは、2020年の環境配慮型ビチューメンの需要に深刻な影響を与えています。しかし、業界が元のペースを取り戻しつつあることから、環境配慮型ビチューメンの需要も近い将来、大きな成長傾向を辿ると予測されます。

競合状況

環境配慮型ビチューメン市場の競争状況は、主要企業が市場での存在感を高めるために採用した戦略で構成されています。世界の環境配慮型ビチューメン市場では、様々な業界プレーヤーによるパートナーシップ、コラボレーション、ジョイントベンチャー、新製品の発売、およびいくつかの事業拡大戦略が目撃されています。市場ではまだ新興段階にあり、市場への投資は少ないです。しかし、この市場は高い潜在成長率を持っているため、様々な建設会社がグリーンで持続可能なビチューメン代替品の製品ポートフォリオを拡大するための方策を採用しています。例えば、2020年7月、CEMEX社は、サイクルレーンや歩道用の環境配慮型シングルビチューメンソリューションを発売しました。これにより、表面を何層にも重ねる必要が無くなります。この製品は、カーボンフットプリントの削減を達成しています。このような施策により、建設業界では持続可能な建設資材に関する意識が高まり、環境配慮型ビチューメン市場の成長にもプラスの影響を与えることが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]