ATaaS (Agriculture Technology-as-a-Service)の市場規模、2025年に30億8,980万米ドル到達見込み

市場規模・予測・分析

図: 世界のATaaS (Agriculture Technology-as-a-Service)市場のスナップショット

ATaaS (Agriculture Technology-as-a-Service)市場は、2020年の11億160万米ドルから2025年には30億8,980万米ドルまで、2020年から2025年にかけて22.91%のCAGRで成長すると予測されています。この市場の高成長は、業界全体で農業技術を採用する必要性が高まっていること、顧客にとって資本支出が運用支出に変換されること、サービスプロバイダーにとって顧客維持率が高まることなどが要因となっていると予想されます。また、ATaaSには、低コスト、拡張性、統合性、アクセス性などの利点があるため、このビジネスモデルの成長が期待されています。

世界のいくつかの地域では、農業が生活の糧であり、経済の維持源となっています。そのため、農業に先進的な技術を導入する必要があり、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、インド、中国などの国の政府が有利なイニシアチブや政策、支援を行っています。新興国では、政府やメーカー、サービスプロバイダーの間で、生産者の農業支出を評価する際に農作物を高く評価する必要性に対する認識が高まっていることが、市場の成長を牽引すると予想されています。さらに、世界的な食糧安全保障と持続可能性への関心の高まりから、世界各国の政府が大規模な投資を行っています。

競合状況

ATaaS市場の競争状況は、製品の発売や開発、パートナーシップ、コラボレーション、ジョイントベンチャーなどの戦略を採用する企業に傾いています。市場の主要な既存プレーヤーは、新技術を導入するための製品の発売や開発、または既存のサービスポートフォリオのさらなる発展に注力しています。Deere and Co.、Trimble Inc.、AGCO Corporation、365FarmNet、Agrivi、PrecisionHawk.、Accenture plc、SGS SA、Intertek plc、Small Robot Company、Ceres Imaging Inc.、Naio Technologies、Airbus S.A.Sなどが、世界のATaaS市場における有力プレイヤーです。市場は非常に細分化されており、多数の中小企業が存在し、互いに競合し、大企業も存在しています。

地域別市場ダイナミクス

北米は、ほとんどの国で自動化と制御システムの適用が増加しており、スマート農業の導入率が高まっていることから、予測期間中に最大の市場シェアを獲得すると予想されています。農場の規模が絶えず拡大していることや、限られた耕作地からの世界的な食糧需要の増加により、今後の市場成長が期待されます。

アジア太平洋地域と日本は、農業技術や農業慣行の導入が遅れているため、2020年の市場シェアは北米や欧州に比べて小さいと予想されます。しかし、アジア太平洋地域と日本は、2020年から2025年の間にCAGR28.20%で最も速い市場成長が見込まれています。これは、耕作可能な土地の量が多いこと、農業が経済的・社会的成長のために各国に依存していること、政府が補助金、規制、研究などの面で支援していることが理由です。また、この地域の大部分では農場の規模が小さいことも、農業技術のサービス化を促進する大きな要因になると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]