腫瘍溶解性ウイルス治療薬の市場規模、2020年から2030年にCAGR26.28%で成長見込み

市場概要

腫瘍溶解性ウイルス療法は、体内または体外のDNAまたはRNAを標的とした類似の治療目的を持つ生物医学研究分野です。これらの治療法は、病気の治療のために遺伝物質を修正することを目的としています。腫瘍溶解性ウイルス療法は、自然界の物質(ウイルス)を利用して悪性細胞を見つけて破壊する遺伝子治療の一種です。腫瘍溶解性イルス療法は、「人の遺伝子の発現を変化させることで、病気を治療、治癒、最終的には予防する新しいアプローチ」です。腫瘍溶解性ウイルス療法は、自然の素材(ウイルス)を使って悪性細胞を見つけ出し、破壊する遺伝子治療の一種です。

腫瘍溶解性ウイルス療法は最も急速に進化している技術の一つであると考えられており、2020年から2030年の予測期間において、市場は26.28%のCAGRで成長すると予測しています。

市場の成長を促進する要因としては、がんの有病率、臨床試験数の増加、研究費の増加、無機質な成長の採用などが挙げられます。一方で、市場は急速に成長していますが、治療法の総コストが比較的高いことや、治療法に特化した試験法がないことなど、今後の成長を促進するために解決すべき課題もあります。さらに、治療法の臨床パイプラインなどの機会は、市場に成長をもたらします。

競争状況

世界的ながんの急激な増加に伴い、企業は先端技術を駆使した治療法に投資するようになっています。パイプラインの治療法が多数あり、市場に浸透していることから、腫瘍溶解性ウイルス療法はこの治療分野のパイオニアであり、この市場には大きな競合が存在します。

地域別では、北米が2020年に最大のシェアを占めています。これは、同地域における医療インフラの整備、一人当たりの所得の増加、償還政策の改善などによるものです。また、ヨーロッパとアジア太平洋地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]