間葉系幹細胞(MSC)市場、2021年現在1,100件以上臨床試験実施中

間葉系幹細胞(MSC)は、骨芽細胞、軟骨細胞、筋細胞、脂肪細胞など、さまざまな種類の細胞に分化できる多能性細胞です。MSCは、組織修復を促す因子を分泌するだけでなく、微小環境を大きく変化させ、抗炎症、抗線維化などの効果を発揮します。MSCは、他の種類の幹細胞と比較して、様々な理由で有利であり、その理由の一つとして、MSCは免疫優位であり、同種の移植に有利な細胞タイプであることが挙げられます。

MSCは、入手のしやすさ、拡張性、移植のしやすさ、倫理的な意味合いなど、他にはない利点があるため、細胞治療の手段として非常に有望であると思われます。様々な種類の細胞に分化する能力や、組織の損傷・炎症や腫瘍の成長部位に移動する能力があることから、ヒトMSCの治療への応用が注目されています。

当然のことながら、MSCやその分化した細胞タイプを中心に、幅広い研究製品が開発されています。また、MSCを商業的に生産するための製造技術にも注目が集まっています。MSCは、構造的な組織を形成する能力があるため、急速に成長しており、とりわけ3Dプリンティングの分野で使用するのに適しています。

また、MSC由来の細胞外小胞(EV)やエクソソームについては、多くの競合企業が商品化戦略を検討しています。これらの細胞外パッケージは、患者に細胞を投与するリスクを冒すことなく、幹細胞の治療効果を得るための新たな戦略です。最後に、抗腫瘍遺伝子や治療因子の過剰発現を目的としたMSCの遺伝子編集は、MSCの応用範囲を広げています。

現在、再生医療において最も多く使用されています。MSC市場は、大きな成長の可能性を秘めています。現在、MSCに関する科学論文は10万件以上発表されており、世界中で1,100件以上のMSC臨床試験が行われています。現在、MSC臨床試験の「ホットスポット」となっているのは、米国、EU、中国、中東、韓国などです。多くの初期段階のMSC臨床試験では安全性と有効性が確認されていますが、商業化に至ったMSC製品はごくわずかであり、MSCの治療市場はまだ初期段階にあることを示しています。

また、人口の高齢化や慢性疾患の増加も、MSCを用いた治療法への関心を高めています。さらに、Google Trendのデータによると、MSCの検索数は、次に多い幹細胞の種類の2倍以上であることが明らかになっています。また、MSCを用いた研究製品の需要も近年急増しています。2021年の現在、約100社の競合企業が、様々な種類のMSC関連製品・サービス、治療法、製造技術を開発しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]