臍帯血バンク:最も一般的な研究分野は脳卒中、脳性麻痺、自閉症、低酸素性虚血性脳症などの神経疾患

過去30年以上にわたり、臍帯血および臍帯組織は、それらに含まれる貴重な幹細胞用途により需要を拡大し、商業的な牽引力を得てきました。臍帯血(UCB)には造血幹細胞(UCB-HCS)が含まれており、多様な医療用途に使用することができます。同様に、臍帯組織(UCT)には間葉系幹細胞(UCT-MSCs)が含まれており、様々な疾患を治療するために何百もの臨床試験で評価されています。

多くの場合、臍帯血および臍帯組織のバンキングは、部分的または完全なヒト白血球抗原(HLA)マッチングにより、ドナーまたはドナーの兄弟のいずれかに健康上の利益をもたらすことができます。HLAマッチングは、移植時の移植片対宿主疾患(GvHD)などの重篤な医学的合併症を軽減し、場合によっては排除することができます。さらに、同種異系(ドナー由来)の臍帯血ユニットと臍帯組織由来の間葉系幹細胞(UCT-MSC)は免疫に有利であるため、移植や輸液において、一部のHLA遺伝子座でのドナーとレシピエントの不一致を許容することができます。しかし、残念なことに、全世界の登録を通じてHLAが一致する適合ドナーは、全レシピエントの約30%に過ぎません。

造血の再構成に臍帯血(UCB)移植を使用する場合のもう一つの問題点は、臍帯血中に存在する造血前駆細胞の収量が少ないことです。通常、1単位の臍帯血では、小児の治療を補う分の細胞しか得られません。この問題を克服するために、移植医は造血前駆細胞の数を増やすために二重UCB移植を行うことがあります。しかし、二重UCB移植は、取得コストの増加につながります。そのため、近年ではUCBを用いた移植件数は減少傾向にあります。米国のBe The Match Registryでは、2001年に45件の治療法で商業移植用のCBUの供給を開始しました。ピーク時にその数は1178件に達しましたが、その後は徐々に減少し、2018年には686件の移植になりました。このような利用率の低下傾向は、業界にとっては懸念すべきことです。それにもかかわらず、臍帯血は、そのすべての治療特性を備えており、さまざまな疾患にわたる再生医療用途の重要な細胞源です。

現在、臍帯血は80種類の疾患の治療に使用されています。再生医療への応用が世界中の医療市場で承認され始めると、この数はさらに拡大すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]