CAR-T細胞治療 2017年に治療薬が承認されて以来、10億米ドル規模の市場に成長

CAR-T細胞療法は、がん患者にとって非常に有望な治療法です。これは免疫療法の一種で、医師が免疫細胞を収集し、実験室で改変し、がん細胞を簡単に認識して殺す力を与えます。患者に注入されると、細胞は増殖し、生きた薬として体内に留まります。

T細胞は、CAR-T細胞療法のバックボーンを形成しています。T細胞は私たちの免疫システムの主力であり、免疫反応を誘導し、病原体に感染した細胞を殺す上で重要な役割を果たしています。CAR-T細胞療法では、患者から血液を採取し、T細胞を分離します。実験室では、解除されたウイルスを使用してT細胞を遺伝子操作し、その表面にキメラ抗原受容体(CAR)を産生させます。これらの受容体は合成されたもので、自然界には存在しません。一度患者に注入されると、これらのCARはT細胞が腫瘍細胞上の特異的なタンパク質である抗原を認識し、腫瘍の破壊につながる抗原に付着することを可能にします。

2017年に最初のCAR-T細胞治療薬が承認されて以来、広範な研究、臨床試験活動の指数関数的な増加、増殖性のあるM&A活動、および利益をもたらすIPOにより、強固なCAR-T細胞市場が形成されてきました。この10億米ドル規模の市場は、いくつかのタイプの血液がんの治療におけるKymriah、Yescarta、Tecartusの顕著な有効性がなければ実現なし得ないものでした。

CAR-T細胞治療市場

2012年には、CAR-T細胞療法製品に投資している臨床試験はわずか12件でしたが、今日では、その数は514件に増加しています。2017年から2020年の間に、3つのCAR-T製品が市場に到達し、この数は2024年までに2桁に達すると予測されています。

最も早い承認を受けたKymriahとYescartaは、それぞれ2017年と2018年から商業的に利用可能になっています。これらは世界中で50万人近くの患者に利用されています。2020年7月、米国FDAは3つ目のCAR-T細胞療法であるKite Pharmaのbrexucabtagene autoleucel(Tecartusとして販売)を承認しました。

承認された3つのCAR-T製品と、現在進行中の臨床試験のほぼ75%は、すべて自己由来の治療アプローチをとっています。自己由来のCAR-T細胞は、患者ごとに製造されるため、製造コストが高くなります。時には、CAR-T細胞またはウイルスベクターの不足により、自家生産が妨げられることもあります。CAR-T自家療法のコストは、輸送中の複雑なコールドチェーンの必要性によってさらに増大します。もう一つの重要な問題は、静脈から静脈への時間、またはアフェレーシスと製品の送達の間にかかる時間です。

この点から、CAR-T療法は、他の治療オプションをすべて使い果たした末期患者に推奨されることが多くなります。これらの課題が価格を押し上げ、CAR-T療法は多くの患者にとって手の届かないものとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]