アルツハイマー病バイオマーカー市場、2028年までに50億米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

世界人口の急速な高齢化に伴い、アルツハイマー病に関連する認知症の有病率が大幅に増加しています。アルツハイマー病は、患者の余命と質、患者とその家族の生理的・経済的状況に影響を及ぼすことから、その蔓延は大きな社会問題になっています。現在市販されているアルツハイマー病治療薬には、アルツハイマー病の進行を止める効果はありません。そのため、アルツハイマー病の早期診断と予防は、アルツハイマー病の重症度を下げ、予後を改善するために最も重要であると研究者は考えています。

アルツハイマー病に関する臨床バイオマーカーの探索は、科学者の間で最も注目されている研究分野の一つです。アルツハイマー病のバイオマーカーは、特定の病期を示すものであり、臨床での日常的な使用に適したものである必要があります。現在、アルツハイマー病の診断に用いられる血中および髄液中のバイオマーカーとしては、アミロイドベータペプチドの42アミノ酸型(Ab1-42)、Ab1-42/Ab1-40比、タウタンパク質の総数とリン酸化部分(それぞれT-TauとP-Tau)、ニューロフィラメント軽鎖(NFL)タンパク質、スレオニン181位のリン酸化タウ(P-Tau181)、217位(P-Tau217)などが挙げられています。これとは別に、アルツハイマー病の診断検査や新規の標的治療の開発に役立つバイオマーカーを評価する臨床研究がいくつか進行中です。

最近、Mayo Clinicの研究者らは、血漿中の新しいマーカーを発見しました。この発見は、アルツハイマー病の診断検査の改善につながる可能性があります。この研究は、アフリカ系アメリカ人のアルツハイマー病のバイオマーカーとなりうる血漿中に存在するRNA分子に着目したものです。この研究は、アルツハイマー病の遺伝的危険因子を特定し、血漿中のRNA分子がバイオマーカーとして使用できる可能性があることを確立した過去の研究に基づいています。この発見により、すべての人、特に最もリスクの高い人々や地域社会に対して、より正確なアルツハイマー病のスクリーニングが可能になることが実証されました。

アルツハイマー病バイオマーカーの世界市場は、2028年までに50億米ドル規模を超えると予想されており、これは主にアルツハイマー病の有病率の上昇に起因しています。米国は、アルツハイマー病の管理に対する政府の取り組みが活発であること、病気の早期診断に対する人々の意識が高まっていること、強力な研究開発部門が存在することから、予測期間中、世界市場において圧倒的なシェアを占めると予想されます。さらに、買収やパートナーシップなどのビジネス戦略に対する市場関係者の関心の高まりが、予測期間中のアルツハイマー病バイオマーカー市場の成長を促進すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]