パーキンソン病バイオマーカー市場、2028年までに80億米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

パーキンソン病は、ドーパミン作動性ニューロンの進行性喪失を特徴とする、発生件数が2番目に多い神経変性疾患です。パーキンソン病の病態は非常に複雑で、遺伝学、エピジェネティクス、環境要因の組み合わせで構成されています。パーキンソン病の発症に伴う症状は、一般に、ドーパミン作動性ニューロンの大部分が既に損傷している進行した段階で現れることがほとんどです。そのため、より良い臨床介入や治療を行うために、本疾患の早期診断のための新規バイオマーカーを同定することが求められています。同時に、バイオマーカーは病気の経過を観察するために用いることもできます。バイオマーカーは、正常な生理学的または病理学的プロセスの指標として、常に疾患メカニズムに関与しています。

現在までに、パーキンソン病の最も重要かつ直接的な診断マーカーとして、徐脈、安静時振戦、筋硬直などの運動症状が考えられています。また、パーキンソン病の早期診断のために、低血糖、急速眼球運動(REM)睡眠行動障害、便秘などの非運動性の症状も重要な研究対象として注目されています。これらの臨床バイオマーカーに加えて、研究者は、血液、唾液、脳脊髄液(CSF)、生検で見つかるいくつかの潜在的な生化学的マーカーも同定しています。ミトコンドリア機能障害、酸化ストレス、レビー小体形成、神経炎症およびその他のメカニズムは、この疾患の生理学に関与しているため、最大の関心を集めています。

さらに、神経画像診断法は、パーキンソン病における潜在的な構造、超微細構造、または灌流パターンの変化を分析することにより、黒質神経変性の成熟したバイオマーカーとなっています。パーキンソン病患者の早期変化を検出し、主観や薬剤の影響を受けにくい病気の進行度を評価するために、神経画像技術を利用できるものが増えてきています。これらのバイオマーカーは臨床試験に入り、その多くは治療の生物学的効果を調べるための代理的な成果として使用されています。これ以外にも、マイクロRNA、ペプチド、遺伝子バイオマーカーなどが同定されており、これらは臨床試験の初期段階に存在しています。

これに加えて、現在進行中のいくつかの研究では、パーキンソン病の新規バイオマーカーを発見するための新たなアプローチが模索されています。しかし、パーキンソン病の病態や生理は非常に複雑であるため、疾患の理解を深め、より有効なバイオマーカーを開発するためには、シグナル伝達経路を包括的に特定することが必要とされています。また、ゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクスなどのオーミック技術の出現は、パーキンソン病バイオマーカーの研究にも応用されており、予測期間中の市場成長を促進すると予想されます。

世界のパーキンソン病バイオマーカー市場は、2028年までに80億米ドル規模を超えると予想されていますが、これは主に世界的な有病率の上昇に起因するものです。また、潜在的なパイプライン製品の存在、研究の増加、政府の積極的な支援も、予測期間中の市場成長の原動力になると予想されます。さらに、手頃な価格のバイオマーカー検査の導入、非侵襲的な診断技術に対する需要の高まり、臨床試験数の増加も、予測期間中の市場成長を加速すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]