乳癌抗体バイオマーカー市場、2028年までに150億米ドル規模超過見込み

市場の概要および動向

バイオマーカーの導入は、癌の診断と管理において重要な役割を果たすことが示されています。精密医療を目指す中で、癌バイオマーカーの研究は過去数十年の間に急速に進歩してきました。これは、次世代シーケンシング、質量分析、循環腫瘍細胞、無細胞DNAなどの技術やアプローチの進歩によって発展してきました。特定の予後バイオマーカーや予測バイオマーカーを発見し使用することで、標的精密療法を、有効と思われる特定の分子サブグループに適用することが可能になりました。乳癌においては、近年のバイオマーカー探索の取り組みにより、マルチ遺伝子シグネチャーを含むいくつかの予後・予測バイオマーカーが同定・開発されています。

現在までに、乳癌に関する最も重要なバイオマーカーは、エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PR)、HER2と呼ばれる受容体の3つです。これらのマーカーのレベルは、乳癌の患者が臨床でどのように治療されるかに影響を与えることがあります。このような進歩にもかかわらず、より高い感度、特異性、臨床的有用性を有する新規バイオマーカーの開発および検証に対する重要な臨床ニーズが依然として存在しています。標的療法の中でも、免疫療法は乳癌の治療において大きな関心を集めています。これまでのところ、PD-L1発現や腫瘍内の免疫細胞数などの典型的なバイオマーカーが、免疫療法の対象となりうる患者の同定に用いられています。

乳癌治療における免疫療法アプローチの高い採用率が、乳癌バイオマーカー市場におけるさらなる研究開発活動を加速させています。現在、多くの臨床試験が進行中であり、乳癌免疫療法における新規バイオマーカーの役割が検証されつつあります。最近、MHC-II(Major Histocompatibility Complex Class II protein)と呼ばれる分子が乳癌細胞に発現している場合、早期トリプルネガティブ乳癌(TNBC)およびハイリスク乳癌(HR+)の免疫療法効果予測因子となる可能性を示す研究が行われました。早期高リスクHR+患者における奏効との関連は、MHC-IIがより広い意味での乳癌の有用なツールであることを示唆しており、この領域はさらなる研究成果をもたらすと予想されています。

世界の乳癌抗体バイオマーカー市場は2028年までに150億米ドル規模を超えると予想されています。乳癌の有病率の増加は、市場の成長を促進する主要な要因です。また、乳癌の様々なサブタイプに対する創薬・薬剤開発の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、多くの製薬会社が乳癌治療薬のための新規バイオマーカーの研究開発に巨額の投資を行っています。加えて、多くの臨床試験やパイプライン研究が現在開発の最終段階に向かっており、それらの市場参入により、今後数年間は乳癌抗体バイオマーカー市場の高い収益が見込まれます。

世界の乳癌抗体バイオマーカー市場は今後数年間で成長する見込みですが、政府が支援する償還政策という点でいくつかの課題に直面しています。これは、特に発展途上国における高額な乳癌治療費に起因しています。しかしながら、乳癌に対する認識を広めるための政府の支援や、乳癌に対する治療オプションの利用可能性は、今後数年間で同市場に有利な成長機会をもたらすと予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]