避妊薬市場、2027年に244億1,222万米ドル到達見込み

避妊薬市場の概要

避妊薬の市場規模は、2019年には143億2,412万米ドルと評価され、予測期間中に6.9%のCAGRを記録し、2027年には244億1,222万米ドルに達すると予測されています。避妊とは、望まない妊娠を防ぎ、出生率をコントロールし、性感染症(STD)のリスクを低減する方法です。避妊には、経口ピル、注射用避妊薬、局所避妊薬などの形で薬剤を使用します。これらの薬剤は、思春期以降、閉経前、つまり15歳から44歳までの妊娠可能な年齢の女性に使用されます。 避妊薬は、妊娠や感染症の予防、避妊や家族計画のために、一連のエンドユーザーによって使用されます。家族計画への関心の高まりや、意図しない妊娠を防ぐ必要性などが、避妊薬市場の成長を促進する主な要因となっています。さらに、若い女性の間での避妊に対する意識の高まりや、教育水準の向上が市場の成長を促進しています。さらに、10代の妊娠に関連した健康問題、最新の避妊法に関する意識の高まり、計画外の妊娠を回避するための重要な手法としての経口ピルの使用の増加などが、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。しかし、避妊薬の使用に伴う健康上のリスク、代替の避妊法の利便性、社会的な受容性の低さなどが、避妊薬市場の成長にマイナスの影響を与えています。

COVID-19の影響

COVID-19のパンデミックに対処するために世界各地で実施されているロックダウンは、避妊薬市場に悪影響を及ぼしています。ほとんどの女性は、ピルを購入することも、注射を受けるために医療機関を訪れることもできません。さらに、避妊薬メーカーは、一貫性のない中断されたサプライチェーン活動や人材の確保など、新たな課題に直面していました。しかし、世界的に規制が緩和されつつある中、避妊薬のオンライン販売や薬局の増加により、今後数年間で市場は拡大すると予想されます。メーカーは、需要と供給の両方に対応するという課題に直面すると思われます。

製品セグメントのレビュー

避妊薬は製品によって、経口(錠剤)、注射、局所避妊薬に分類されます。2019年の避妊薬市場では、経口避妊薬または経口避妊薬セグメントが85.36%のシェアを占めています。経口ピルは、世界で使用されている可逆的避妊法の中で最も一般的なタイプです。より高い効果と優れた利便性により、ここ数年、好まれる避妊方法となっています。また、消費者層が広く、政府が避妊のアンメットニーズに応えるために積極的に取り組んでいることも、市場の成長を後押ししています。しかし、市場で入手可能な注射剤の認知度の向上と人口の増加により、予測期間中、注射剤セグメントは8.0%のCAGRを記録すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]