可視化・3Dレンダリングソフトウェア市場、2027年に79億6,000万米ドル到達見込み

可視化・3Dレンダリングソフトウェアの市場規模は、2019年に14億8,000万米ドル、2020年から2027年にかけて23.1%のCAGRで成長し、2027年には79億6,000万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の発生は、各国でロックダウンが行われたことで、仮想環境やデジタル環境でプロジェクトを機能させるための可視化・3Dレンダリングソフトウェアをさまざまな業種で幅広く採用できるようになったため、可視化・3Dレンダリングソフトウェア市場の成長に与える影響は少なかったといえます。

可視化と3Dレンダリングは、コンピュータプログラムに格納された3次元データに基づいて画像を生成するプロセスです。3Dレンダリングは、様々な会議や展示会、プレゼンテーションでのデモンストレーションに最もよく使用されます。また、このソフトウェアには、処理能力の向上、リアルタイムでの洞察、ユーザーフレンドリーなレンダラーインターフェイスなどの多くの利点があり、エンドユーザーの間で需要が高まっています。さらに、可視化・3Dレンダリングソフトウェアの主な目的は、クリエイター、開発者、および顧客にプロジェクトの理解を深めるためのビジュアルインターフェースを作成することです。

可視化・3Dレンダリングソフトウェア市場の成長を牽引している主な要因としては、バーチャルモデリングや建築設計の需要の増加、スマートシティ向け建築計画の需要の急増などが挙げられます。また、リアルタイムレンダリングや迅速な意思決定への需要の高まりが、市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、ITインフラの不足、低開発国における3Dレンダリングソフトウェアの需要の少なさ、セキュリティの欠如、プライバシーの問題などが、可視化・3Dレンダリングソフトウェア市場の成長を妨げると予想されます。一方で、クラウドベースの3Dレンダリングサービスの導入が急増していることや、ハイレベルなゲームやビデオ撮影の需要が増加していることは、予測期間中の市場拡大に有益な機会を提供すると期待されています。これらの要因はそれぞれ、可視化・3Dレンダリングソフトウェア市場の成長に決定的な影響を与えると予測されます。

アプリケーション別に見ると、可視化・3Dレンダリングソフトウェア市場は、2019年に建築・可視化セグメントがリードしており、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。建設・不動産業界では、顧客にプロジェクトを可視化して利益を増やし、市場価値を高めるために、このソフトウェアの採用が増加しており、市場の成長を促進しています。しかし、研究・教育分野は、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。これは、機器、体内器官、微小粒子など、さまざまな研究対象物の詳細な視覚的表現を計画・実行する需要が高まっていることから、研究・教育機関に可視化・3Dレンダリングソフトウェアの導入が進んでいるためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]