医薬品包装市場、2027年に1,442億3,300万米ドル到達見込み

医薬品包装市場は、2019年に888億8,000万米ドルを記録し、2020年から2027年にかけて6.1%のCAGRを記録し、2027年には1,442億3,300万米ドルに達すると予想されています。

包装は、医薬品に不可欠な要素です。包装は、医薬品の調剤、服用、使用に関わることが多いです。適切な使用方法の伝達や注意喚起のラベルも規制されています。医薬品の包装にはいくつかの種類があり、一次、二次、三次に分類されます。一次包装は医薬品を包む素材であり、二次包装と三次包装は外部からの保護を目的としています。包装の最も重要な機能の一つは、製品を外部環境の影響から保護することです。多くの製剤は、空気、水分、光にさらされると不安定になるため、医薬品の有効性と安全性を確保するためには、これらの要因からの保護が必要です。

この市場は、予測期間中に大きな成長が見込まれています。この成長は、持続可能で環境に優しいパッケージングソリューションを開発するための高度な製造プロセスや、製品のイノベーションの増加、新しい需要をサポートするためのM&Aなどに起因しています。さらに、医薬品の連続追跡、ジェネリック医薬品市場の台頭、ドラッグデリバリー市場の急成長、研究開発や革新的なパッケージングの使用の増加などが、医薬品パッケージング市場の成長を促進しています。

さらに、持続可能で環境に優しいパッケージングソリューションを開発するための高度な製造プロセス、製品イノベーションの増加、新たな需要をサポートするためのM&Aなどの要因も挙げられます。さらに、医薬品のシリアル・トラッキング&トレーシング、新興のジェネリック医薬品市場、ドラッグデリバリー市場の急成長、研究開発活動の増加、革新的なパッケージの使用が、医薬品包装市場の成長を促進しています。

しかし、原材料の価格変動、政府の厳しい規制や規格が医薬品包装市場の成長を抑制する可能性もあります。一方で、バイオテクノロジー分野の進歩により、新しい非経口的治療法の導入、革新的なパッケージング製品の需要の増加、患者エンゲージメントおよび識別のためのスマートパッケージングの使用の増加などが見られます。加えて、生物製剤を含む患者志向の医薬品の増加は、予測期間中の医薬品包装市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、パンデミックが発生すると、労働力の不足、輸送の制限、原材料の不足などが発生し、世界各地でロックダウンが実施され、製品の供給が妨げられます。さらに、ワクチン承認後、これらのワクチンが異なる投与経路(吸入、経口、経皮、注射など)に依存している場合、一次包装の需要は複数の包装形式に拡大する可能性があります。したがって、COVID-19は、予測期間中、医薬品包装の成長を促進すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]