シリコンメタル市場、2027年に89億米ドル到達見込み

シリコンメタルの市場規模は、2019年に63億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.5%で成長し、2027年には89億米ドルに達すると予測されています。

シリコンメタルは、サブマージアーク炉(SAF)で石英を還元剤とともに熱還元することで製造されるシリカの精製形態です。金属シリコン、工業用シリコンとも呼ばれます。その化学組成は、主に鉄、アルミニウム、カルシウムで構成されています。金属シリコンに含まれるFe、Al、Caの含有量に応じて、553、441、411、421、3303などのグレードに分けられます。

シリコンメタルは多くの製品の基材となるため、産業や消費者の分野で重要な役割を担っています。現在、シリコンメタルはアルミニウム合金の製造に使用されており、シリコンメタルの総生産量の中で最大のシェアを占めています。アルミニウム合金は、自動車部品や航空宇宙製品の製造に使用されています。シリコンは、合金の強度、鋳造性、耐久性を向上させるため、高性能な部品への利用が拡大しています。輸送分野におけるシリコンの需要が大幅に増加しているのは、自動車用途において、重い鉄製部品の代わりにアルミニウム製部品の使用が増えているためです。さらに、シリコンメタルの主な用途であるシリコンの汎用性が高まっていることも、シリコンメタルの需要を押し上げています。シリコンメタルは、シーラント、潤滑剤、ガスケット&シール、食品添加物、化粧品など、多様な用途を持つシリコンの基材として使用されます。また、金属珪素から作られるポリシリコンは、太陽電池や半導体ウェハーの基材となります。

現在、シリコンメタルの生産コストの高さが、シリコンメタル市場の成長を制限する要因となっています。運転資金の大部分は、SAFに必要なエネルギーで消費されます。また、人件費や輸送費のために生産コストが高くなっています。シリコンメタルの生産は、精製プロセスが必要なため、非常にエネルギーを消費します。金属シリコンの生産には、石炭、石英、天然ガス・石油、電極などの原料が必要です。そのため、シリコンメタルのバリューチェーンへの新規プレイヤーの参入は少ないのが現状です。

しかし、シリコンメタルは世界の製造チェーンにおいて重要な役割を果たしており、シリコンメタルの価格上昇は、予測期間中のシリコンメタル市場の成長にほとんど影響を与えないと予想されています。ソーラーパネルの生産にシリコンメタルが使用されるようになったことや、シリコンリチウムイオン電池の生産に負極としてケイ素が使用されるようになったことは、予測期間中のシリコンメタル市場の成長に新たな機会を提供する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]