臨床試験イメージングサービス市場、2027年に18億7,065万米ドル到達見込み

臨床試験イメージングサービス市場は、2019年には13億1,000万米ドルを占め、2020年から2027年にかけて5.6%のCAGRを記録し、2027年には18億7,065万米ドルに達すると予想されています。

臨床試験イメージングサービスとは、CRO(医薬品開発業務受託機関)が提供する、臨床試験におけるイメージングを行うための一連のサービスと定義されます。さらに、CROはこれらのサービスを製薬企業、バイオテクノロジー企業、医療機器企業などに提供しています。これらの企業は、臨床試験における画像処理関連の機能を外部に委託するためにこのサービスを利用します。さらに、この市場で提供されているサービスには、プロジェクトおよびデータマネジメントサービス、品質管理、画像解析などがあります。例えば、分析サービスでは、CROは画像の取得と転送、画像のレビューなどを管理します。このように、画像解析を行うために放射線医学の専門家チームが採用されています。同様に、プロジェクトマネジメントなどのサービスでは、臨床試験のワークフローを処理した経験を持つ専門家チームが参加します。さらに、これらのサービスは、腫瘍学、神経学、内分泌学など、さまざまなタイプの治療の専門家に提供されています。

世界的に臨床試験の画像処理を外部に委託するニーズが高まっていることが、臨床試験イメージングサービス市場の成長に寄与している主な要因です。また、新たな治療法を必要とする慢性疾患の増加に伴う臨床試験の増加や、臨床試験でのイメージングの採用が増加し、これらのイメージング関連サービスのアウトソーシングが増加していることも、臨床試験イメージングサービス市場の成長を後押ししています。さらに、医療用画像処理技術の進歩などの要因も市場の成長を促進しています。しかし、臨床試験におけるイメージングの統合に関連する課題が、臨床試験用イメージングサービス市場の成長を制限しています。逆に、臨床試験における画像の使用に対する意識の高まりや、開発中の画像モダリティの存在は、臨床試験用イメージングサービス市場の成長に有利な機会を提供します。

COVID-19が治験用画像診断サービス市場に与える影響

COVID-19のパンデミックも市場に悪影響を与えています。例えば、COVID-19がWHOによってパンデミックと宣言された後、世界各国は感染の拡大を防ぐために全国的なロックダウンを実施し、社会的な距離を置くようになりました。これにより、あらゆる業界の各セクターで混乱、制限、課題、変化が生じました。同様に、このパンデミックは市場に様々な影響を与えました。例えば、閉鎖されたことにより、大部分の臨床試験が突然中断されたり、中止されたり、予定が変更されたりしました。その結果、画像診断などの臨床試験サービスに対する需要が減少しました。加えて、ロックダウンによりCROで臨床試験を実施するスタッフが確保できないなどの要因も、市場にマイナスの影響を与えました。しかし、COVID-19の流行により、COVID-19の治療薬開発に関連する研究が増加しました。このため、COVID-19に関連する研究のために実施される臨床試験の数が急増し、臨床的に有用な判断を下すためにイメージングサービスが利用されています。COVID-19が臨床試験用イメージング市場に与えた全体的な影響は、わずかにマイナスでした。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]