手術器具市場、2027年迄に444億4,858万米ドル到達見込み

手術器具市場は、2019年に317億2,230万米ドルと評価され、予測期間中に6.3%のCAGRで2027年までに444億4,858万米ドルに達すると予測されています。

手術器具は、生体組織の物理的な変更を助けたり、体内へのアクセスを助けたりするツールです。低侵襲手術器具やロボット・パワーアシストシステムなどの最新の電子技術の導入は、主に手術器具市場の成長を促進しています。

手術器具市場の成長を促進する要因としては、ロボット支援手術への関心の高まりや、眼疾患、胃疾患、腸疾患などの健康状態の影響を受けやすい高齢者人口の急増などが挙げられます。ロボット支援手術は、低侵襲手術の一種であり、テクノロジーを利用して、外科医が手術中にコントロール、アクセス、および精度を向上させることができます。しかし、性能に関する品質保証が不十分であることや、再利用可能な機器の不適切な滅菌処理、発展途上国では明確な規制の枠組みがないことなどが市場の成長を妨げています。その一方で、手術器具の分野における研究開発は、予測期間中に新たな機会を生み出すことが期待されています。

手術器具市場は、製品、カテゴリー、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。製品別では、手術用縫合糸・ステープラー、ハンドヘルド手術器具、電気手術器具、その他の手術器具に分類されます。

ハンディタイプの手術器具は、鉗子・スパチュラ、レトラクター、ダイレーター、把持器、補助器具、カッター器具、結紮クリップ、その他に分類されます。補助器具は、クランプとカニューレに分けられます。カッター器具は、トロカール、ランセット、ハサミに分けられます。その他の手術器具には、手術用ヘルニアメッシュ、手術用接着剤、動力式手術器具などがあります。

製品別レビュー

製品別では、世界的に手術件数が増加しており、あらゆる種類の手術で頻繁に使用されていることから、携帯型手術器具が最大の市場シェアを占めています。しかし、従来の侵襲的な手術から低侵襲的な手術へと患者の嗜好が変化していることから、手動式の携帯型手術器具市場は予測期間中に減少することが予想されます。電気手術器具分野は、低侵襲手術の需要の高さと技術の進歩により、最も成長している分野です。

カテゴリーセグメントレビュー

カテゴリー別では、使い捨て手術器具セグメントが予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されています。これは、使い捨ての手術器具が長年にわたって大きな支持を得ており、形成・再建手術、創傷閉鎖、整形外科手術、腹腔鏡手術などの様々な手術で採用されるケースが増えていることに起因しています。

地域別セグメントレビュー

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAの4つの地域に分けて、手術器具市場を分析しています。世界の手術器具市場は、北米が圧倒的に多く、次いで欧州、アジア太平洋となっています。北米と欧州の成長は、新技術の登場、高齢化社会の進展、有利な規制の枠組み、消費者の高い可処分所得などが主な要因となっています。しかし、アジア太平洋地域とLAMEAでは、最大の成長が見込まれています。予測期間中のCAGRは8.2%で、アジア太平洋地域が手術器具市場で最も急速に成長すると予想されています。これは、同地域では医療インフラの整備に多額の費用が投じられており、より良い医療サービスや外科手術に対する需要が高まっているためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]