取引信用保険市場、2027年に181億4,000万米ドル到達見込み

取引信用保険の市場展望 – 2027

取引信用保険の市場規模は、2019年に93億9,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて8.6%のCAGRで成長し、2027年には181億4,000万米ドルに達すると予測されています。取引信用保険は、企業の財務に影響を与える可能性のある政治的・商業的リスクから企業を保護するために設計された保険の一種です。損害保険の一種であり、一般的に民間の保険会社や政府系輸出信用機関が企業や個人に提供しています。さらに、取引信用保険は、長期にわたる債務不履行、支払不能、倒産などの信用リスクによる損失から売掛金を保護するために主に使用されます。

COVID-19の世界的な健康危機を受けて、世界貿易における不確実性と保護主義が加速しており、業界への悪影響を克服するために、取引信用保険の需要が大幅に増加しています。

様々な種類の商品やサービスの不払いによるリスクを保護・軽減することへの関心の高まりや、信用保険を必要とする様々な地域での貿易の拡大が、市場の大きな成長要因となっています。さらに、信用保険が提供する販売支援や売掛支援などの特典も、取引信用保険市場の成長を促進する大きな要因となっています。

しかし、世界的に信用保険の認知度が低いことや、異なる管轄区域での貿易規制が多様で矛盾していることは、市場成長を制限する要因の一つです。さらに、オーストラリア、中国、インド、シンガポール、韓国などの新興国では、信用保険ソリューション・プロバイダーがサービスを拡大・発展させる大きな機会があります。さらに、中小企業の事業拡大の急増は、今後数年間で取引信用保険の市場シェアに有利な機会を提供すると予想されます。

2019年の取引信用保険市場では、大企業セグメントが優勢であり、予測期間中もその優位性を維持すると予測されます。これは、このカテゴリーに属する企業が大量の取引と膨大な量のデータに関わっていることに起因しています。したがって、財務を保護し、政治的・商業的リスクを克服するために、このセグメントでは取引信用保険のソリューションとサービスの重要性が強調されています。

コンポーネント別

予測期間を通じて製品セグメントが市場を支配すると予想されています。

セグメント概要

取引信用保険市場は、コンポーネント、企業規模、アプリケーション、対象範囲、産業分野、地域に基づいて分類されています。コンポーネントに基づいて、市場は製品とサービスに二分されます。企業規模別では、大企業、中企業、小企業に分類されています。用途別では、国内と海外に分類されています。

企業規模別

小規模企業セグメントは、2020年~2027年の間に最大12.5%のCAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]