水力発電市場、2027年に3,178億米ドル到達見込み

水力発電市場の統計 – 2027

水力発電市場は、2019年には2,024億米ドル、2020年から2027年までのCAGRは5.9%で成長し、2027年には3,178億米ドルに達すると予測されています。水力発電は、動く水の力を利用して電気を作る再生可能エネルギーです。大規模な水力発電プロジェクトでは、通常、ダムが使用されます。また、川の流れや潮の流れを利用したプロジェクトも、水の動きを利用して再生可能な電力を生み出します。水力発電のダムは、ダムの背後にある貯水池に蓄えられた位置エネルギーを機械的なエネルギーに変換します。水がダムを通って流れ落ちると、その運動エネルギーでタービンが回転します。発電機は、タービンの機械的エネルギーを電気に変換します。この電気エネルギーは、様々な送電プロセスを経て消費者に届きます。

水力発電市場は、世界中でクリーンエネルギーに対する需要が高まっていることが主な要因です。特に中国やインドなどの発展途上国では、急速な工業化と都市化が進んでおり、電力需要が急増しています。米国、ドイツ、インド、日本、中国などの各国政府は、化石燃料への依存度を低減するため、二酸化炭素排出量の削減に向けた取り組みを開始しており、それに伴い、発電用の再生可能エネルギーの需要が急増しています。このような背景から、再生可能エネルギーによる電力需要の増加に対応するため、世界各地、特にアジア太平洋地域で様々な水力発電プロジェクトが立ち上げられています。さらに、発電用のクリーンな技術へのニーズの高まりと、厳しい排出政策の目標が、市場の成長を促進すると予想されます。さらに、国際エネルギー機関によると、水力発電は最大の再生可能エネルギー発電であり、2019年の世界の再生可能エネルギー発電量の60.7%を占めています。新たな水力発電プロジェクトが認可され、クリーンエネルギーへの需要が高まっていることから、予測期間中に水力発電の発電量と需要が急増すると予想されます。

しかし、高額な設備投資や運用費が必要であることや、長い開発期間が必要であることが、水力発電市場の成長を抑制しています。しかし、中国やインドなどの新興国では、再生可能エネルギーへの需要が高まり、水力発電の導入量が急増していることから、予測期間中に市場に新たな成長機会をもたらすと考えられます。

水力発電市場の規模は、容量と地域に基づいて区分されています。容量に基づいて、市場は小水力発電所(1MWまで)、中水力発電所(1MW~10MW)、大水力発電所(10MW以上)に細分化されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで分析されています。

世界の水力発電市場で事業を展開している主要プレーヤーは、Andritz Hydro、GE Energy、CPFL Energia S.A.、Sinohydro Corporation、IHI Corporation、Alstom Hydro、China Hydroelectric Corporation、China Three Gorges Corporation、ABB Ltd、Gerdau S.A.などが挙げられます。これらの主要プレーヤーは、世界市場での競争力を維持するために、契約や事業拡大などの戦略を採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]