再生アスファルト市場、2027年に104億米ドル到達見込み

再生アスファルト市場は、2019年に71億米ドルとなり、2027年には104億米ドルになると予想されています。同市場は、2020年から2027年までのCAGRが5.9%で成長すると予測されています。

 再生アスファルト市場は、パンデミックが発生した際に、インフラ整備や建設活動が減少し、製品の需要に影響を与えたため、中程度の影響を受けました。

再生アスファルトは、既存のアスファルトサイトの表面層を粉砕して加工されます。再生アスファルトは、改築や再舗装の目的で使用されます。また、屋根に使用するアスファルトシングルの製造にも使用されます。さらに、水や石炭などの天然資源の消費を抑えることができます。粉砕されたタイヤのゴムは、アスファルトに統合することができます。これにより、バージン材の必要性が減ると同時に、埋め立てられていた材料を家庭で有効活用することができます。

再生アスファルト市場は、タイプ、用途、地域別に分類されています。タイプ別では、ホットリサイクルとコールドリサイクルに分類されています。用途別では、補修材、ホットミックスアスファルト、仮設車道・道路、未舗装道路用道路骨材、インターロッキングレンガ、新しいアスファルトシングル、エネルギー回収に分けられます。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分かれています。この市場で活動している主要なプレーヤーは、トクヤマ株式会社、エボニック・インダストリーズAG、Merck Millipore Limited、日本化学工業株式会社、PQ Group Holdings Inc. Ltd.、PQ Group Holdings Inc.、Occidental Petroleum Corporation、CIECH S.A.、Sinchem Silica Gel Co. Ltd.、Shijiazhuang Shuanglian Chemical Industry Co. Ltd.、Kiran Global Chem Limitedなどがあります。

タイプ別では、再生アスファルトは、ホットリサイクルとコールドリサイクルに分けられます。2019年は、ホットリサイクルのセグメントが市場シェアを占めました。これは、リペイビングがオンサイトでシングルパスまたはマルチパスの作業として行われるなどの利点によるものです。作業がオンサイトで行われるため、物流コストが削減され、市場の成長を促進します。さらに、取り扱いや処理が容易であることから、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]