HPCチップセット市場、2027年に136億8,000万米ドル到達見込み

ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)チップセット市場の展望 – 2027

HPCチップセットの市場規模は、2020年から2027年にかけて19.1%のCAGRで成長し、2019年の43億米ドルから2027年には136億8,000万米ドルに達すると予想されています。ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)は、大規模なデータセットを処理し、複雑な計算を高速で実行する能力を持っています。通常、科学、工学、ビジネスにおける大規模な問題を解決するために、一般的なデスクトップコンピュータやワークステーションよりもはるかに高いパフォーマンスを提供する方法で、コンピューティングパワーを集約することを指します。

HPCソリューションの最もよく知られた例として、スーパーコンピュータがあります。スーパーコンピュータには何千もの計算ノードがあり、それらが連携して1つまたは複数のタスクを実行します。これは並列処理と呼ばれ、何千台ものPCをネットワークで接続し、計算能力を組み合わせることでタスクをより速く完了させるのに似ています。この10年間、HPC業界では、汎用コンピューティングやプログラミング言語・ツールなど、グラフィック以外の用途でもGPU(Graphical Processing Unit)が使用されるようになってきました。

現在、GPUセグメントは成熟しており、商業用および科学用アプリケーションの両方で広く使用されています。GPUの大規模な並列処理能力が、HPCチップセット業界での成長の原動力となっています。GPUは、データ並列コンピューティングのための高性能なアクセラレータとして急速に進化してきました。さらに、最新のGPUには数百のプロセッシングユニットが搭載されており、単精度(SP)演算で最大1TFLOPSの性能を発揮します。

HPCチップセット市場の成長を促す最も重要な要因は、クラウド分野でのハイパフォーマンス・コンピューティングの実現です。クラウドは、瞬時に利用可能でスケーラブルなコンピューティングリソースと、ほぼ無制限のストレージをリーズナブルな価格で提供します。クラウドでHPCを利用することにより、航空力学、物理学、薬学などの分野で、パフォーマンスの向上、コスト管理、結果の高速化、大規模データに対する複雑なシミュレーションの実行が可能になります。また、政府の取り組みや、柔軟なコンピューティングサービスへのニーズの高まりもあります。HPCコンピューティングでは、HPCクラスターの継続的な効率化と稼働が求められます。そのため、HPCサービスでは、解析ソフトウェアやOSなどのコンピューティングインフラをユーザーが完全にコントロールすることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]