ミックスドシグナルIC市場、2027年に1,498億米ドル到達見込み

ミックスドシグナルICの市場規模は、2019年には941億米ドルとなり、2020年から2027年にかけて6.6%のCAGRを記録し、2027年には1,498億米ドルに達すると予測されています。

ミックスドシグナルICは、アナログとデジタルを組み合わせたICです。ミックスドシグナルICは、1つの半導体ダイにアナログ回路とデジタル回路の両方を搭載した集積回路です。ミックスドシグナルICは、家庭用電化製品に広く使用されています。携帯電話をはじめとする携帯電子機器の普及に伴い、ミックスドシグナルICの生産量は大幅に増加しています。

携帯電話や電子機器に搭載されるミックスドシグナルICは、家電や通信などの産業の急激な成長に伴い、増加傾向にあります。また、5Gネットワークの導入や低消費電力機器の需要の高まりにより、世界的にミックスドシグナルICの市場が拡大しています。

市場区分

ミックスドシグナルIC市場は、タイプ、エンドユース産業、地域に分けられます。タイプ別では、ミックスドシグナルSoC、マイクロコントローラ、データコンバータICに分類されます。また、最終用途産業によって、家庭用電化製品、医療・ヘルスケア、通信、自動車、軍事・防衛に分けられます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAの各地域とその主要国に分類されています。

アナログ・デバイセズ、ブロードコム、サイプレス・セミコンダクター、ダイアログ・セミコンダクター、エンシリカ、NXPセミコンダクター、ルネサスエレクトロニクス、STマイクロエレクトロニクス、テレフォニクス、テキサス・インスツルメントなどが、ミックスドシグナルIC市場をリードしています。市場のプレーヤーは、市場での足場を強化するために、製品開発、事業拡大、合弁事業、協力、投資、買収などのさまざまな戦略を採用しています。

COVID-19の影響

COVID-19危機の発生は、株式市場の不確実性、サプライチェーンの混乱、ビジネスの減速、顧客層のパニックの増加をもたらしました。パンデミックの全体的な影響は、半導体・電子機器を含むいくつかの産業の生産工程に影響を与えました。貿易障壁は、需要と供給の見通しをさらに制約します。各国政府はすでに全面的な封鎖を宣言し、産業界を一時的に閉鎖しているため、生産プロセス全体に悪影響を及ぼしています。

COVID-19は最終用途と経済に大きな影響を与えます。COVID-19が個人の間で広がるのを防ぐために、電子機器製造拠点が一時的に閉鎖されました。これにより、部品や完成品の不足が生じ、ミックスドシグナルIC市場のサプライチェーンに大きな影響を与えています。事業継続性の欠如は、株主利益や収益に悪影響を及ぼし、ミックスドシグナルIC市場に財務上の混乱をもたらすことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]