ロケーション・アナリティクス市場、2027年に311億3,000万米ドル到達見込み

ロケーション・アナリティクス市場の統計 – 2027

ロケーション・アナリティクス市場規模は、2019年に102億9,000万米ドル、2020年から2027年にかけて15.5%のCAGRを記録し、2027年には311億3,000万米ドルに達すると予測されています。ロケーション・アナリティクスまたはジオアナリティクスは、位置情報データを分析してインサイトを生成する手法です。企業のデータ資産に地理的データを加えることで、より価値のあるインサイトを引き出すことができます。あらゆる産業において、人、取引、資産、イベントに関するデータなどのビジネスデータには、地理的な要素が含まれていることが多く、パフォーマンスの分析に加えることで、関連する新たなインサイトを引き出すことができます。ロケーション・アナリティクスは、空間分析やその他の分析能力を組織に提供し、ロケーション固有の認識を通してデータを理解し、それに応じてビジネス・プラクティスを最適化し、予測を可能にします。これにより、企業はより多くの情報に基づいた意思決定を行い、有効性と効率性の両方を向上させることができます。

COVID-19の発生時には、主にCOVID-19が消費者行動や経済に与える影響を把握するために、ロケーション・インテリジェンスやアナリティクスの導入が増加します。一方、医療システムでは、これまでにないレベルの位置情報の需要が発生しており、多数の国で、プライマリ・ケア・クリニック、病院、老人ホームなどの医療施設を検査し、ケア能力や脆弱性を分析する必要があります。

コンポーネント別では、ソフトウェアセグメントが2019年のロケーション・アナリティクス市場シェアで最も高い成長を示し、今後数年間もその優位性を維持すると予想されています。これは、顧客にパーソナライズされた統合的な製品やサービスを提供するために、組織内でロケーション・アナリティクスの導入が急増しているためです。位置情報分析ソフトウェアは、あらゆる規模の企業がビジネス用のマッピングツールを使って競争力を高めることができます。しかし、サービス分野が最も高い成長を示すと予想されています。これは、位置情報分析ソフトウェアの効果的な機能を保証するサービスがエンドユーザーに広く採用されているためです。

ロケーションタイプ別に見ると、2019年のロケーション・アナリティクス市場は、高度な位置情報サービスが統合されたスマートデバイスやスマートフォンが広く利用されていることから、インドアセグメントが優勢で、今後もその優位性を維持すると予想されています。しかし、物理的な位置に基づいてオフラインまたはオンラインのメッセージングで消費者を人レベルでターゲットにするために、組織によるロケーションベースのマーケティング・広告の採用が増加していることから、屋外セグメントが最も高い成長を示すと予想されます。

導入タイプ別に見ると、2019年のロケーション・アナリティクス市場シェアはオンプレミス型セグメントが独占しており、多くの企業、特に大規模組織がオンプレミス型アナリティクス・ソリューションからの移行を躊躇していることから、今後もその優位性を維持すると予想されます。また、オンプレミス型のロケーション・アナリティクスは、企業組織や、データセキュリティ、コンプライアンス、規制などの厳しい要件に直面している政府機関での採用が急速に進んでいます。一方、クラウド分野は最も高い成長が見込まれています。これは、クラウドベースのロケーション・アナリティクスソフトウェアが、より高い効率性と柔軟性を提供できることによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]