オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)市場、2027年に269億6,450万米ドル到達見込み

オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の市場規模は、2020年から2027年にかけて7.2%のCAGRで成長し、2019年の171億4,290万米ドルから2027年には269億6,450万米ドルに達すると予想されています。オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)は、エアクリート、フォーム・コンクリート、オートクレーブド・セルラー・コンクリート、オートクレーブド・ライトウェイト・コンクリート、ポーラス・コンクリートなどとも呼ばれ、従来のコンクリートに比べて約1/6~1/3の重さの軽量な建設資材です。AACは、ブロック、パネル、まぐさなどの形で一般に販売されています。AACは主に細骨材(フライアッシュ)、セメント、膨張剤(一般的にはアルミニウムパウダー)を用いて製造されます。このタイプのコンクリートは、主に膨張剤によって約80%の空気が誘引され、製品の密度と全体の重量を減少させます。

COVID-19のパンデミックは、国際貿易の停止、長期にわたるロックダウン、製造・建設プロセスの停止などにより、オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)市場に悪影響を及ぼしました。

高耐火性、軽量、高断熱などのAACの特性が、AAC市場の成長を牽引しています。AACは、セメント、フライアッシュや細骨材、石灰、石膏などの無機質で不燃性の材料を使用して製造されます。これにより、耐火特性が向上します。さらに、AAC製品を製造する際にオートクレーブ処理を行うことで、成分の混合時に添加される水分が大幅に減少します。これにより、成分上の藻や雑草などの有機物の成長が抑えられます。これにより、AAC製品の需要が高まり、同市場の成長が促進されます。さらに、AAC製品を利用することで建設コストが削減されることも、AAC市場の成長を促進する要因となるでしょう。AACコンポーネントのオフサイト生産は、ブロックやパネルの外観の仕上がりを維持するのに役立ちます。卓越した寸法精度と滑らかな仕上げにより、AACコンポーネントの表面に厚い左官仕上げを施す必要が少なくなります。さらに、AACブロックは、一般的に従来の粘土レンガよりもサイズが大きいです。これにより、建設中の全体的な目地が減り、結果としてモルタルの必要性が減ります。このような要因により、建設コスト全体の削減が可能となり、AAC市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]