ロボ・アドバイザリー市場、2027年に410億7,000万米ドル到達見込み

ロボ・アドバイザリー市場の展望 – 2027

ロボ・アドバイザリー市場規模は、2019年に45億1,000万米ドル、2020年から2027年にかけて年率31.8%で成長し、2027年には410億7,000万米ドルに達すると予測されています。ロボ・アドバイザリーは、投資家がオンラインで資金、ポートフォリオ、投資を人手を介さずに管理することを支援するソフトウェアです。ロボ・アドバイザリーは、オンラインアンケートを通じて、投資スケジュール、リスク許容度、貯蓄に関するリターンなど、あらゆる関連情報を顧客から収集します。

前例のないCOVID-19の健康危機に伴い、パンデミック時の非常に不安定な市場において、効率的な資産管理を目的としたロボ・アドバイザリーの導入が急増したため、ロボ・アドバイザリー・サービスは大きな成長を遂げました。

ロボ・アドバイザリーは、アルゴリズム計算を用いてデータを分析し、投資家の目標に合った包括的な資産配分アプローチを提供します。ロボ・アドバイザリー業界は、その開発のために継続的な投資を記録しており、経済成長に大きく貢献しています。COVID-19の流行は、世界経済、中小企業、株式市場、ウェルスマネジメントサービス全体に悪影響を及ぼしていますが、このパンデミックの間、最適化されたウェルスマネジメントへの需要が高まったことにより、ロボ・アドバイザリー市場は大規模な盛り上がりを見せています。

ロボ・アドバイザリー・サービスは、従来の投資やアドバイザリーに比べて、高品質・低コストのポートフォリオ、タックスロスハーベスト、安全な投資など、複数のメリットを提供します。さらに、ロボ・アドバイザリー・プラットフォームが提供する判断は、リアルタイムの統計や現在の経済状況に基づいているため、信用リスクの可能性が排除され、消費者の間で採用されています。Corporate Vision誌によると、2020年の第1四半期には、ロボ・アドバイザリーへの登録が3.1%の増加率で急増しています。例えば、Vanguard社は、資産が14%増加し、顧客数が35%増加したと報告しており、PensionBee社は、ロボ・アドバイザリーが14%増加したと報告しています。

金融サービスの急速なデジタル化、従来の投資サービスからロボットアドバイザリーへの嗜好の変化、費用対効果の高い投資アドバイザリーへの需要などが、世界のロボ・アドバイザリー市場の成長を牽引する主な要因となっています。しかし、人間の専門性の欠如がロボ・アドバイザリー市場の成長を妨げています。一方で、新興国の未開発の可能性や、ロボットアドバイザリーに対する政府の支援や取り組みの急増は、予測期間中のロボ・アドバイザリー市場の拡大に有利な機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]