収益ベースファイナンス市場、2027年に423億4,944万米ドル到達見込み

収益ベースファイナンスの市場規模は、2019年に9億141万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは61.8%で成長し、2027年には423億4,944万米ドルに達すると予測されています。

未曾有の世界的な健康危機が続く中、世界経済の改善、ベンチャー企業の負債による資金調達の急増、業界への悪影響を克服するための収益ベースファイナンス・プラットフォームの開発の増加などにより、収益ベースファイナンス市場は大きな成長を遂げています。

収益ベースファイナンスは、ロイヤリティ・ベース・ファイナンスとも呼ばれ、債権者から事業資金を調達する方法です。債権者は、投資した資金の見返りとして、企業の継続的な粗利益の一部を得ることができます。収益ベースファイナンスで資金を調達した企業は、投資家の元本を返済するために定期的な支払いを行う必要があります。収益ベースファイナンスの場合、債権者はあらかじめ設定された金額が払い戻されるまで、事業利益の標準的なシェアを得ることができます。

収益ベースファイナンスは、新興企業が持続的に事業を拡大するための手段として注目されており、中小企業の経営者が代替資金を求めるようになったことが、収益ベースファイナンス市場の成長の大きな要因となっています。また、新興企業の間では、より迅速な資金調達のニーズが高まっており、収益ベースの投資(RBI)が投資家にとって最も重要かつ一般的なビジネスモデルの一つとなっていることも、市場成長を促進する大きな要因の一つです。しかし、収益ベースの資金調達に対する理解や認識が不足していることや、標準化がなされていないことが、市場の成長を妨げる要因の一つとなっています。逆に、新興企業や小規模企業は、ビジネスにテクノロジーを導入・実装しており、これが予測期間中の収益ベースのファイナンス市場の収益に有利な機会を提供すると考えられます。

2019年の収益ベースファイナンス業界では、小規模企業セグメントが優勢であり、予測期間中もその優位性を維持すると予測されています。これは、このカテゴリーに属する企業が、エクイティの調達を伴わない代替的な資金調達の機会を求めていることに起因しています。そのため、収益ベースのファイナンスは、ビジネスを加速させ、新しいビジネスモデルを維持するための優れたソリューションを提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]