ポリシー管理ソフトウェア市場、2027年に30億6,000万米ドル到達見込み

ポリシー管理ソフトウェアの市場規模は、2019年に9億6,218万米ドル、2020年から2027年にかけて15.7%のCAGRで成長し、2027年には30億6,000万米ドルに達すると予測されています。ポリシー管理ソフトウェアの主な目的は、組織の管理に関連するさまざまな種類のリスクを軽減するために、組織内のポリシーや手順を作成、伝達、維持することです。また、様々な業界が、組織の内部および外部環境に影響を与えることなく目標を達成するために、ポリシー管理ソフトウェアを採用しています。ポリシー管理ソフトウェアには、社内の一貫性の確保、従業員と組織の間のコミュニケーションギャップの解消、訴訟からの組織の保護、組織の目標達成の支援など、数多くのメリットがあります。

前例のないCOVID-19健康危機に伴い、ヘルスケア業界は予測期間中に大きな成長率を示すと予想されています。これは、COVID-19の状況に関連する最新のポリシー、手順、プロトコルに関する認識を高めるために、様々な病院でポリシー管理ソフトウェアの採用が急増しているためです。

ポリシー管理ソフトウェア市場の成長を促進する主な要因は、様々な業界でのポリシー管理ソフトウェアの採用の増加と、ポリシー管理ベンダーによるビジネスの合理化の必要性の高まりです。また、様々な業界で手順やポリシーの管理を迅速に行う必要性が高まっていることも、市場の成長にプラスの影響を与えています。しかし、ポリシー管理ソフトウェアの導入・維持コストの高さや、ポリシー管理ソフトウェアにおけるセキュリティ問題の増加は、市場の成長を妨げる要因となるでしょう。一方で、クラウド型のポリシー管理ソフトウェアの導入が世界的に進んでいることは、予測期間中の世界のポリシー管理ソフトウェア市場の拡大に有益な機会を提供すると期待されています。

これは、組織の重要なポリシー、手順、プロトコルを管理・保護するために、企業の間でポリシー管理ソリューションの導入が進んでいるためです。一方、サービス分野は、SaaS(Software-as-a-Service)への需要が高まっているため、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されています。これは、拡張性や1回限りの顧客獲得コストなどの利点があるためです。

地域別に見ると、2019年のポリシー管理ソフトウェア市場は北米が独占しており、予測期間中もその地位を維持することが予想されています。これは、同地域でクラウドベースのテクノロジーの採用が進んでいることや、さまざまな組織のプライバシーポリシーにおけるデータ漏洩が増加していることに起因しています。一方、アジア太平洋地域では、早期に脅威を防止・検出するために、さまざまなベンダーがポリシー管理ソフトウェアを採用していることから、予測期間中に著しい成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]