ケイ酸ナトリウム市場、2027年に92億米ドル到達見込み

ケイ酸ナトリウム市場は、2019年に72億米ドルとなり、2027年には92億米ドルになると予想されています。同市場は、2020年から2027年にかけてCAGR 3.7%の成長を遂げると予測されています。

ケイ酸ナトリウム市場は、生産や製造活動が停止し、需給ギャップが生じたため、アウトブレイクの影響を中程度に受けました。

ケイ酸ナトリウムは、ナトリウムとシリカの酸化物の無色の化合物です。ケイ酸ナトリウムは、石鹸や洗剤、シリカゲルの製造に使用されています。また、セメント、バインダー、フィラー、接着剤としても使用されています。さらに、壁のコーティング、コンクリート、防火材、シーラントとしても使用されます。また、卵や木材の保存にも使用されます。ケイ酸ナトリウムは、繊維や製薬業界でも使用されています。液体の中性ケイ酸ナトリウムは、医薬品やトイレタリー製品に使用されます。

特定の比率のケイ酸ナトリウムは、コンクリート床の硬化に使用され、埃のないコンクリート床を作り、湿気の影響から浸透性の建築材料を保護します。また、鋳物工場や溶接電極産業でも使用されています。セラミック産業では、ケイ酸ナトリウムは、固体粒子を沈降させずに懸濁状態に保つための鋳造用スリップの調製において、脱泡剤として使用されます。耐火物産業では、耐火セメントやモルタルを製造する際に、空気硬化性ボンドとして使用されます。ガラスエナメル産業では、エナメル加工の前に、酸洗として知られる金属の洗浄に使用されます。

ケイ酸ナトリウム市場は、形態、タイプ、グレード、用途、最終用途、地域に基づいて分類されています。形状によって、市場は結晶と無水に分けられます。タイプ別では、液体と固体に分類されています。グレード別では、さらに中性とアルカリ性に分けられます。用途別では、市場は、塗料、接着剤、耐火物、管巻、洗剤、触媒、その他に分けられます。最終用途に基づいて、市場はパルプ&ペーパー、建設、自動車、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで分析されています。この市場で活動している主要プレイヤーは、株式会社トクヤマ、エボニック・インダストリーズAG、Merck Millipore Limited、日本化学工業株式会社、PQ Group Holdings Inc. Ltd.、PQ Group Holdings Inc.、Occidental Petroleum Corporation、CIECH S.A.、Sinchem Silica Gel Co. Ltd.、Shijiazhuang Shuanglian Chemical Industry Co. Ltd.、Kiran Global Chem Limitedなどがあります。

ケイ酸ナトリウム市場:形態別

ケイ酸ナトリウム市場は形態によって、結晶と無水に二分されます。2019年のケイ酸ナトリウム市場は、結晶系セグメントが優勢でした。また、予測期間中は高いCAGRで成長を続けると予想されています。これは、耐火性混合物、ランドリー、乳製品、金属、床洗浄などでの用途に起因します。また、紙の脱墨、殺虫剤、殺菌剤、炭酸飲料ボトルの洗浄、抗菌剤などにも使用されています。このような結晶性ケイ酸ナトリウムの用途が、市場の成長を後押ししています。

ケイ酸ナトリウム市場:タイプ別

タイプ別では、ケイ酸ナトリウムは液体と固体に分けられます。2019年は液体セグメントが市場シェアを占めました。これは、洗剤・洗浄化合物、パルプ・紙、板紙、建築製品・建設、繊維、セラミックス、石油加工、金属などの多くの産業および商業用途で使用されていることに起因しています。このような液体ケイ酸ナトリウムの用途が市場の成長を牽引しています。しかし、取り扱いや保管設備が容易であることから、予測期間中は固体セグメントが高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]