自動車用ファブリック市場、2027年に391億4,000万米ドル到達見込み

自動車用ファブリック市場統計2020-2027年

自動車用ファブリック市場は、2019年に321億3,000万米ドル、2027年には391億4,000万米ドルに達し、4.8%のCAGRを記録すると予測されています。

COVID-19の発生は、自動車産業に大きな影響を与え、自動車販売の大幅な減少、原材料の不足などをもたらしました。さらに、自動車用ファブリック市場は、世界的な自動車生産量の減少による影響も受けています。自動車メーカーは、PPEキットやフェイスマスク、プロテクションシールドの製造など、代替ビジネスを開始しています。

自動車に使用されるファブリックは、特殊なテキスタイルであり、車内の美観を保つために使用されます。彼らは、ノイズを回避し、外部環境から車の内部を保護するために車の音響に使用されています。自動車用ファブリックは、インテリアカーペット、シート、ヘッドライナー、ダッシュボードなど、自動車の内装に使用されます。これらのファブリックは、ドライブ中の乗客に最高の快適性、安全性、およびセキュリティを提供するように設計されています。さらに、車に魅力的な外観を与えることで、室内の雰囲気を向上させます。主に自動車に使用される自動車用ファブリックは、レザー、ビニール、ナイロン、ポリエステルの4種類です。

自動車の販売台数の増加、急速な経済成長、エアバッグや安全ベルトなどの使用に関する政府の厳格な安全基準の実施などが、自動車用ファブリック市場の成長に大きく貢献しています。さらに、アジア太平洋地域の発展途上国では、可処分所得の増加に伴い、乗用車の生産台数が急増しており、これが市場成長の原動力となっています。また、アジア太平洋地域の発展途上国における乗用車の生産台数の増加は、可処分所得の増加を反映しています。

自動車メーカーやベンダーは、自動車に搭載されている様々なシステムの安全性を向上させようとしています。また、皮革製造会社は、最新の技術革新により、事業所や研究開発センターを拡大しています。

原材料コストの上昇や、革を使用することへの反対運動の高まりは、この市場の主な阻害要因のひとつです。さらに、自動車の汚染を軽減するために、環境に優しい生地素材や軽量の自動車用生地の需要が増加していることや、安全性と快適性に対する消費者の要求が高まっていることが、この市場の新たな成長機会となっています。これは、世界的に自動運転車の販売が増加していることに起因しています。これらの特徴は、世界の自動車用ファブリック市場に有利な機会を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]