電気自動車用車載充電器市場、2027年に108億2,000万米ドル到達見込み

電気自動車用車載充電器市場統計 2020-2027

電気自動車用車載充電器市場は、2019年に21億5,000万米ドルを計上し、2020年から2027年にかけて22.4%のCAGRを記録し、2027年には108億2,000万米ドルに達すると予測されています。車両タイプ別では、2019年には電動乗用車セグメントが14億3,000万米ドルと最も高い収益貢献をしており、予測期間中のCAGRは20.7%を記録し、2027年には64億7,000万米ドルに達すると予測されています。2019年には、アジア太平洋地域が主要な市場シェアを占めると予想されています。

COVID-19パンデミックによる世界各地でのロックダウンやサプライチェーンの混乱により、電気自動車用車載充電器の開発に関する活動や取り組みに遅れが生じています。

車載充電器(OBC)は、電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車に搭載され、トラクション・バッテリーを充電します。電気自動車に搭載されている車載充電器は、系統からの交流入力を直流入力に変換し、さらにバッテリーを充電するシステムです。オンボードチャージャー(OBC)に使用される電子部品は、家庭のAC電源、または民間や公共の充電ステーションにあるコンセントからバッテリーを充電する手段を提供します。

AVID Technology Limitedなどの企業が採用しているオンボード・バッテリー・チャージャーの技術は、パワー・スイッチング技術と高度に最適化された磁気によって高効率を実現しています。さらに、SAE J1939やISO11898と互換性のある絶縁されたCANバス接続で制御されています。

電気自動車用車載充電器は、様々なシグナルコンディショニングソリューション、統合型高電圧絶縁AC-DCコンバータ、AC整流器、デュアルブリッジレス力率改善(PFC)、ゲートドライバ、エラーアンプ、その他多くのパワーエレクトロニクス部品を含むユニットで構成されています。

電気自動車用車載充電器市場は、電気自動車の普及率の増加と、電気自動車用充電インフラとその関連部品の開発に対する政府の取り組みの増加によって牽引されています。しかし、電気自動車の充電に関する標準化が進んでいないことや、急速なDC充電器の設置が増えていることが市場の成長を阻害しています。

さらに、将来の電気自動車やプラグインハイブリッド車のための双方向車載充電器(V2G)の開発は、電気自動車用車載充電器市場で活動するプレーヤーに有利な成長機会を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]