スマートリテールデバイスの市場規模、2027年に746億8,000万米ドル到達見込み

スマートリテールデバイス市場の展望 – 2027

スマートリテールデバイスの市場規模は、2019年に174億3,000万米ドル、2020年から2027年にかけて17.2%のCAGRを記録し、2027年には746億8,000万米ドルに達すると予測されています。スマートリテールデバイス市場の動向によると、スマートリテールデバイス業界は、その運営においてモノのインターネット(IoT)の支援を受けています。小売業におけるスマートデバイスとIoTは、小売業者が顧客体験を向上させ、より充実した消費者エンゲージメントを促進するのに役立ち、日々の店舗運営を大きく変えていきます。エネルギー管理、盗難防止、店内ナビゲーション、顧客エンゲージメントなどは、小売業界でIoTを活用することの利点です。

小売店は、クラウド、モバイル、RFID、ビーコンなどの新技術を利用して、お客様にコネクテッド・リテイル・サービスを提供し、より良いショッピング体験を提供することに注力しています。例えば、店舗オーナーは、小売店の主要ゾーンにセンサーを設置し、ゲートウェイを介してクラウドに接続することで、センサーから得られる商品、売上、顧客に関するデータをリアルタイムに分析しています。

店内でのナビゲーションの確認は、現在の小売店における共通の問題の一つです。そのため、Bluetooth、Wi-Fi、磁気位置、拡張現実などのスマート技術を搭載したスマートリテールデバイスは、顧客が店内をナビゲートし、目的の商品を見つけることができるよう、店内ナビゲーションの促進を支援します。

スマートリテールデバイスの市場動向における予測型機器メンテナンスは、機器の状態を予測し、それに応じて次回のメンテナンスサービスのスケジュールを立てるのに役立つため、非常に有用です。これに加えて、予測型機器メンテナンスツールは、食品の安全性を保つために、将来のメンテナンスの問題や節電を監視し、予測することで機器をサポートします。IoTの普及に伴い、スマート小売業もIoTの導入を計画しており、ショッピングの際に、よりつながりのある豊かな体験を提供することができます。この技術を使えば、お客様はお店に入る前にスマートフォンでお店にログインし、購入したい商品の在庫や価格を確認することができます。さらに、商品の在庫状況に関する通知を受け取ることもできます。前述の要因により、スマートリテールデバイス市場は予測期間中、活発なペースで成長すると予想されます。

スマートリテールデバイス市場の成長に大きな影響を与えているのは、小売業界におけるロボットやオートメーションの利用の増加、小売業界におけるビッグデータ分析やIoTの導入の増加、消費者の購買力の上昇や経済成長などの要因です。しかし、高度なハイエンドコンピューティングシステムのメンテナンスコストの増加や、顧客データ盗難のリスクの高さは、市場の成長に大きなマイナスの影響を与えています。さらに、リアルタイムでのデータ分析を可能にする技術の進歩や、スマートストアの増加は、世界的にスマートリテールデバイス市場に有利な機会を提供することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]