列車制御管理システム市場、2027年に50億9,000万米ドル到達見込み

列車制御管理システム市場の統計 – 2027

列車制御管理システム市場は、2019年に31億3,000万米ドルとなり、2020年から2027年にかけて8.7%のCAGRを記録し、2027年には50億9,000万米ドルに達すると予測されています。2019年の列車制御管理システム市場では、収益面では欧州が最も高いシェアを占めていますが、予測期間中はLAMEAが著しい成長率を示すと予想されています。

各地域の政府は、すでに産業の全面的なロックダウンや一時的な操業停止を発表しており、全体の生産や販売に悪影響を及ぼしています。2020年3月以降、大半の都市では公共交通機関が全部または部分的に停止されています。ここ2、3ヶ月の間に公共交通機関の利用制限が一部解除されたものの、主要都市では公共交通機関の利用者数が70~90%減少しています。世界各地で、乗客数の制限や社会的距離の維持などの厳しい制限のもと、部分的に輸送が開始されています。この結果、乗客数が90%減少し、鉄道事業者は莫大な経済的損失を被ることになります。その結果、鉄道事業者は巨額の損失を被ることになり、新規投資をせずに運営活動に注力することになります。このように、COVID-19の発生は、列車制御管理システム市場全体に大きな影響を与えます。

列車制御管理システムは、列車に搭載される分散型制御システムと定義されます。このシステムは、ソフトウェア、コンピュータデバイス、ヒューマンマシンインターフェース、デジタルおよびアナログの入出力(I/O)機能、およびデータネットワークで構成され、これらが安全かつ障害のない方法で接続されています。主に列車制御管理システムは、他の列車システムと対話するための通信インターフェースや、列車をサポートする他のシステムへの通信を提供します。また、安全上の理由から、列車制御管理システムは乗客が利用できるWi-Fiネットワークから物理的に分離されています。さらに、列車制御管理システムは、メトロ、トラム、客車など、すべての車両プラットフォームとアプリケーションに対応する標準的な通信、制御、および列車管理システムです。

鉄道分野のサプライチェーンを構成する鉄道部品のTier2およびTier3サプライヤーは、COVID-19パンデミックにより深刻な業務の混乱を経験しました。また、COVID-19の発生により、経済の先行きが不透明になり、不要不急の車両に対する消費者の需要が減少しているため、新しい機関車の販売に支障が出ています。

列車制御管理システム市場は、鉄道開発予算の増加や、安全・安心・効率的な輸送システムへの要求の高まりなどの要因により成長しています。しかし、必要な資金が多額であることが市場の成長を妨げています。一方で、発展途上国における鉄道インフラの整備は、この市場で活動するプレイヤーに著しい成長機会を提供すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]