化粧品用化学品市場、2027年に241億ドル到達見込み

化粧品用化学品市場は、2019年に147億ドル、2020年から2027年にかけて6.5%のCAGRで成長し、2027年には241億ドルに達すると予測されています。

化粧品用化学品は、合成原料から得られる化学化合物のブレンドです。化粧品は、パーソナルケア製品や化粧品の処方に使用される主要な成分です。化粧品に含まれる化粧品用化学品には、着色料、界面活性剤、レオロジーコントロール剤、乳化剤、エモリエント剤、防腐剤などがあります。

化粧品市場は、中国やインドなどの発展途上国における個人の可処分所得の増加と、見た目の印象を良くしたいという願望が主な要因となっています。また、米国、インド、フランス、韓国などの先進国および新興国では、ファッション・エンターテイメント産業の発展に伴い、化粧品の需要が急増しており、近い将来、化粧品用化学品の需要が増加すると予想されています。さらに、大企業や多国籍企業で働く女性の数が多く、美容製品の消費量が多いことから、予測期間中に化粧品用化学品の需要が急増すると予想されています。

しかし、有害化学物質の使用を禁止する政府の規制が厳しく、天然成分を使用したオーガニック製品の需要が増加していることが、化粧品用化学品市場の成長を制限しています。さらに、化粧品用化学物質の中には、遺伝子変異、先天性異常や生殖への悪影響、遺伝子変異、癌などの悪影響を及ぼすものがあり、これらも市場の成長を抑制する可能性があります。先進的で多様な製品ポートフォリオを開発することを目的とした市場プレーヤーの研究開発活動の急増は、化粧品用化学品市場の成長に新たな機会を提供すると考えられます。

化粧品用化学品の市場規模は、製品タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。製品タイプ別では、界面活性剤、ポリマー成分、着色剤、防腐剤に分けられます。用途別では、スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、オーラルケア、フレグランス、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAで分析されています。

化粧品用化学品市場で活動している主な主要企業は、Solvay SA、Cargill Incorporated、The Dow Chemical Company、Croda International Plc、BASF SE、P&G、Evonik Industries AG、Stepan Company、Symrise、Ashland Inc.などです。また、Cobiosa社、DSM社、Givaudan社、Genomatica社、Pharmacos社などもこの市場に参入しています。これらの主要企業は、化粧品用化学品市場で競争力を維持するために、製品の発売、買収、事業拡大などの戦略を採用しています。

化粧品用化学品の世界市場:地域別

2019年は、北米が主要なシェアを占めました。北米全域での化粧品用化学品の需要は、オーガニックパーソナルケア製品の製造に使用されることが要因となっています。メーカーによる研究開発への投資の急増と、原料の加工における技術革新、オーガニックパーソナルケア製品の低コスト生産が、この地域の化粧品用化学品市場の成長をもたらす主な要因になると予想されます。また、この傾向は予測期間中も継続すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]