木酢液市場、2027年に640万米ドル到達見込み

木酢液市場は、2019年には450万米ドル、2020年から2027年までのCAGRは7.0%で成長し、2027年には640万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の発生は、木酢液の製造拠点であるアジア太平洋地域の工業生産活動を混乱させ、市場の成長を妨げました。

木酢液は、破壊的な蒸留プロセスを用いて製造され、パイロリン酸または木酸としても知られています。木やその他のバイオマス物質から生成される濃い色の液体です。木酢液の主成分は、メタノール、アセトン、酢酸です。木酢液は、酢酸の商業的な原料として使用されていました。また、木酢液の主成分は約70〜90%が水分で、一部に有機物が含まれています。木酢液は、肉や魚などの食品保存にも使用されています。これは、酢酸、メチルエチルエステル、アルコール、アルデヒド、ケトンなどの抗菌成分が含まれていることに起因します。

木酢液市場は、製造方法の技術的進歩やアジア太平洋地域での需要の増加など、多くの要因により大きな成長が見込まれています。また、木酢液は合成農薬や合成肥料の代替品としても優れています。また、木酢液は農業分野でも使用されており、抗病原性真菌、植物成長促進剤、雑草成長抑制剤など、様々な用途に使用されています。しかし、木酢液に関する認知度の低さが木酢液市場の成長を妨げています。また、一部の地域ではバイオマス木材の燃焼が制限されていることも、木酢液市場の成長を制限しています。一方で、抗寄生虫剤、抗菌剤、殺菌剤など、木酢液の用途の増加は、予測期間中に有利な機会を提供すると期待されています。

木酢液市場は、熱分解方法、用途、地域別に分類されています。熱分解方法では、市場は低速熱分解、高速熱分解、中間熱分解に分けられます。用途では、農業、動物飼料、食品、医薬品、消費者製品、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、LAMEAに分類されています。木酢液の市場シェアは、すべての地域とセグメントに分類されています。

木酢液の市場、熱分解方法別

熱分解方法別に見ると、2019年の木酢液市場では低速熱分解法が最も高いシェアを獲得しています。2019年には69.1%のシェアを獲得しています。低速熱分解法では、木酢液として知られる有機酸を含む水性画分が大量に生成されます。さらにこの方法は、他の方法よりも高い収率、必要な温度が比較的低いこと、低品質で不均一な原料を扱うことができる優れた能力など、様々な利点があります。低速熱分解法の唯一の欠点は、プロセスにかかる時間です。 また、低速熱分解法は、予測期間中に7.1%という最も速い成長率で伸びると予想されています。木酢液と低速熱分解法は、北米やヨーロッパでは木酢液の製造方法としてはあまり検討されておらず、アジア太平洋地域、特に東南アジア諸国では限られています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]