配管システム・配管スプールの市場規模、2027年に60億3,500万米ドル到達見込み

配管システム・配管スプールの市場規模は、2019年に48億3,250万米ドル、2020年から2027年にかけて4.5%のCAGRを記録し、2027年には60億3,500万米ドルに達すると予想されています。配管スプールは、配管システムの加工部品です。配管スプールは、多数の原管と管継手(エルボ、フランジなど)を製作工場や現場で加工した配管システムです。配管スプールには、ロール修正・溶接と、耐久性のある位置合わせ・溶接の2つの工程があります。配管スプールは、一般的に発電所、化学工業、石油・ガス工業などで使用されています。

配管スプールの素材としては、鋼管、合金鋼、炭素鋼などが用いられます。世界的に石油の探査・掘削活動が活発化していることなどが、配管システム・配管スプール市場の成長を後押しすると予想されます。例えば、探査掘削活動は2017年から2018年にかけて30%近く増加しました。多くの石油会社や政府は、他のプレーヤーに対する競争力を高め、世界中で増加する石油需要を満たすために、石油・ガスの新たな探査・掘削活動に注力しています。例えば、2018年11月、中国の石油・ガス会社であるペトロチャイナは、北西部の新疆ウイグル自治区で2021年の石油生産量の引き上げを目指しました。同地は新たに発見された油田です。しかし、配管スプールに必要な原材料価格の変動は、配管システム・配管スプール市場の成長を妨げることが予想されます。一方で、配管スプール産業における技術的進歩は、配管スプール産業の市場プレーヤーに有利な機会を提供すると予想されます。さらに、政府による石油・ガス精製プロジェクトへの投資の増加は、配管システム・配管スプール市場の成長に貢献すると予測されます。例えば、2020年8月、ドイツ政府はハンブルグの石油精製プロジェクトの水素プロジェクトに約1億80万米ドルを投資しました。

さらに、ステンレス製の配管スプールは、硬度、腐食防止、高温下での作業が可能などの特徴があるため、採用率が上昇しています。主要なプレーヤーは、スプールアプリケーション用のステンレススチールパイプを提供しています。例えば、Prosaic Steel and Alloys社は、ASTM A123ステンレススチールパイプを提供しています。これは、熱交換器のプレート、シート、およびスチールボイラーで使用されています。それは12 “と24 “のサイズを利用可能です。パイプは、3.2ミリメートルから127ミリメートルに直径を持っています。これらの事例は、配管システム・配管スプール市場の成長に貢献すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]